オーストラリアが育むイタリアワインのクオリティーとポテンシャル

イタリア留学経験もあり、イタリア語講師として多数の著作がある京藤好男さん。イタリアの食文化にも造詣が深い京藤さんが在住していたヴェネツィアをはじめイタリアの美味しいものや家飲み事情について綴る連載コラム。今回は、オーストラリアのイタリアワインの魅力をご紹介します。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:オーストラリアが育むイタリアワインのクオリティーとポテンシャル

イタリアのグルメ誌も特集を組むオーストラリアワインの飛躍

南半球のオーストラリアは、今ワインの新開拓地「ニューワールド」として、著しい飛躍をとげている。先日、オーストラリアとニュージーランドのワインの試飲会に参加した。以前にこのコラムにもご登場頂き、スクリューキャップについての貴重なお話を頂いた山井基嗣さんの「ヴィレッジ・セラーズ」の主宰だ。白、赤、ロゼ、スパークリングと、一通りのワインを試飲させていただいた。一例をあげよう。

  • Yellowglen Yellow Brut Cuvee NV (オーストラリアのスパークリング)
  • Felton Road Riesling Bannockburn 2014 (ニュージーランドの白)
  • Ata Rangi Summer Rose 2015 (ニュージーランドのロゼ)
  • Yangarra Estate Vineyard PF Shiraz 2015 (オーストラリアの赤)
いずれも香りが高く、フレッシュ感が際立っている。それでいてボディがあり、やや酸味が強めの南半球らしい味の強さ。しかし口当たりはまろやか。一様に飲みやすくできており、ヨーロッパの品格に引けを取らない印象だ。そしてそのクオリティを考えると、驚くべきコストパフォーマンス。どれもスクリューキャップを使用しており、コスト削減もうまくいっているようだ。デイリーワインにはもってこいだと、あらためて感心させられた。

イタリアのグルメ誌の最高峰『ガンベロ・ロッソ(Gambero Rosso)』が、「オーストラリア、イタリアン・ワインの大飛躍」と銘打って、現地取材を行う一大企画を掲載したのが2015年2月~3月のこと。

「イタリアワインは常に、我々にインスピレーションを与えてくれます。この20年で、オーストラリアのワインをめぐる風景は一変しました。それを納得するには、レストランに入ってワインリストに目を通してみれば十分でしょう。過去の市場を牛耳っていた大手企業には、もう入り込む余地がありません。外食産業に関わる人々は、小さいながらも新たに頭角を現す生産者に注意を払っています。彼らこそ高いクオリティを実現しています」

と地元のワイン専門家の言葉を引用し、オーストラリアのワイン製造の盛況ぶりを紹介していた。

オーストラリアのワインは19世紀にイギリス人が入植して以降、ヨーロッパからもたらされたものである。さらに本格的なワイン製造ともなると、第二次大戦後のこと、フランスやイタリアからの移民が増えてからのことである。歴史はまだ浅い。元々、ワイン造りに適した土着のブドウがなかったことから、現在栽培されているブドウは、元はすべてヨーロッパからの輸入である。そして、そのほとんどがフランスものである。もっとも成功しているブドウと言えば、赤ワイン用の「シラー(Syrah)」(オーストラリアでは「シラーズ(Shiraz)」と呼ばれる)と白ワイン用の「シャルドネ」だろう。

他にも、赤ならカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワール、白ならソーヴィニョン・ブラン、セミヨン、リースリングが、オーストラリア・ワインの主力品種としてよく耳にするものだが、リースリング以外、すべてフランスものだ。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3