【インタビュー】あの人の家飲みスタイル:泡酒アンバサダー坂上愛佳さん

ママ応援コミュニティ「Himemama」(ひめまま)を主宰・運営する坂上愛佳さん。コミュニティの中心で奮闘し、子育て世代ママのカリスマ的な存在になっている坂上さんは、一方で「泡酒アンバサダー」として発泡性の日本酒やスパークリングワインの普及活動にも奔走しています。坂上さんが主催する、グルメな紳士淑女が集まった「家飲み」の現場におじゃましながら、「泡酒」の魅力、そして坂上さんから見た「家飲みの魅力」について、インタビューしてきました。

ライター:まるまる
メインビジュアル:【インタビュー】あの人の家飲みスタイル:泡酒アンバサダー坂上愛佳さん

この方にお聞きしました

坂上愛佳(さかがみ・あいか)さん

東京都出身。通信企業OLを経て、フリーアナウンサー事務所に所属しテレビリポーター・ナレーション・MC・モデルなどを経験。出産後、東京都中央区を拠点にママ応援コミュニティ「Himemama」(ひめまま)を設立。「ママとベビーが一緒に学ぶ・体感する環境づくり」を行う。行政や病院、企業と協業しコンサートやママフェス、パーティやかけっこ教室、地方移住体験ツアーなどを実施。子育て支援の輪は首都圏から新潟・神戸・広島・福岡などへと広がり、現在ではロンドン、バンコクでも展開。10年目の現在ママ会員4,000名を超える。一方、唎酒師の資格を取得し日本酒の啓蒙活動にも取り組む。日本酒では特に発泡和酒、ワインではシャンパンの魅力を伝える活動『美食と美酒のマリアージュ』の会を主宰。日本酒・ワインに関するコラムも執筆している。

坂上愛佳(さかがみ・あいか)さん

発泡性清酒が、日本酒への意識を変えてくれた

「泡酒アンバサダー」坂上愛佳さんが主催する「美食と美酒のマリアージュの会」が始まる
東京・中央区、対岸に高層ビル群を望むタワーマンションのパーティーラウンジ。職業も年齢も様々な参加者が次々と集まってくる。シャンパンやワイン、日本酒は参加者それぞれのメンバーによる持ち寄り。料理は都内の寿司店の大将が出張調理。ラウンジに特設のカウンターを準備する。「泡酒アンバサダー」坂上愛佳さんが主催する「美食と美酒のマリアージュの会」が始まる。

—この会はどういう皆さんの集まりなのですか。
文字通り、美味しいお料理とお酒の好きな方々の交流会です。子育てママを支援する団体「Himemama」でママ達の交流会をよくやっているのですが、そのうちに大人の会もやってみようということになって何となくスタートしました。
私が唎酒師(ききざけし)の資格をとって活動していたので、お酒が結んでくれた御縁で知り合った方々もたくさんいます。数年前に始めていまではメンバーはだいたい80人ぐらい。年齢も職業も幅広くていろいろです。

この日も20代の青年から実業家、主婦など、多彩なメンバーが顔を揃えた。宮城県・一ノ蔵の発泡清酒「すず音」(すずね)でまず乾杯。
シャンパン
—発泡性の日本酒は流行っているようですが、どういうお酒なのでしょう。
これは、シャンパンと同じように、瓶や樽のなかで自然に発酵してできた泡です。実は私は学生のときに「飲み放題」のお店で日本酒を飲んでみて撃沈してしまって以来、日本酒が大の苦手になってしまっていたんです。就職してしばらくして、上司に連れていっていただいたお店でこの一ノ蔵さんの「すず音」をいただいて、こんな美味しい日本酒があるんだと感激して、すっかり好きになってしまいました。

発泡性の日本酒は他にも岡山の丸本酒造さんの「泡泡酒」(ほうほうしゅ)なども有名ですし、いまでは各地の酒蔵さんで造られています。アルコール度数が低くて、甘いから日本酒が苦手な人でもみやすい。女性でも発泡性の日本酒なら飲めるという人は多いですよ。

私もこの発泡清酒との出会いで興味が湧いてきて、純米酒、大吟醸と日本酒の魅力にはまっていきました。勉強して唎酒師の資格を取ってからは酒蔵さんとのおつきあいもできてきて、仕込みや稲刈りまで、様々な体験をさせていただくようになりました。コンバインにも乗せていただきました!
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3