実はクラフトビール先端国!ソムリエが造ったイタリア産クラフトビールを飲んでみた。

名古屋の酒問屋イズミックの青田がバイヤー目線で気になる家飲みトレンドや商品を紹介します!

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:実はクラフトビール先端国!ソムリエが造ったイタリア産クラフトビールを飲んでみた。

ワインソムリエが造るクラフトビール

今回ご紹介するのはイタリアからやってきたクラフトビール「RETHIA(レシア)」です。    

イタリアといえばワインのイメージが強いと思いますが、実は今クラフトビールがブームで、ブルワリーの数は800を超えると言われています。ビッラ・アルティジャナーレ(職人のビール)と呼ばれるクラフトビールは各地方に根付く土着品種の個性あるワインのように、各地方それぞれの個性あふれるビールが誕生しています。    

今回紹介する「RETHIA(レシア)」を製造するレシア醸造所は、イタリア北部のトレントの山奥に2014年に設立されたブルワリーです。ブルワーはワインソムリエの資格を持ち、元エンジニアという変わった経歴の持ち主で、醸造設備の設計から携わり、香りと味の一貫性にこだわって造られています。
「RETHIA(レシア)」

料理と楽しむ4種類!

現在輸入されているのは、マグノリア(ベルジャンホワイト)、マリアマタ(アメリカンペールエール)、ジェットラグ(アメリカンIPA)、リセップ(ベルジャンペールエール)の4種類。それぞれ料理とのペアリングが楽しめるよう個性的なスタイルに仕上がっているようです。それでは早速飲んでみましょう。
  • 1現在のページ
  • 2