家飲みウイスキーの最適解はコスパ抜群の【富士山麓樽熟原酒50°】キリン富士御殿場蒸溜所を訪ねました。

今、国際的に高い評価を受けている日本のウイスキー。中でも、家飲み派のウイスキーファンの間で「コストパフォーマンス良すぎ!」と評判なのが、キリンの「富士山麓樽熟原酒50°」です。富士山のふもとにあるこのウイスキーの蒸溜所、キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所を訪ねました。

まず、ウイスキーって何?

ウイスキーの木製の樽
蒸溜所の訪問レポートの前に、ちょっとだけウイスキーのお勉強をしておきましょう。
ウイスキーの定義は、国によっても違い、なかなか一筋縄ではいきませんが、大筋では「穀物を原料に醸造してアルコールを造り、その後蒸留したものを、木製の樽に入れて長期間熟成させたお酒」のことです。なので原材料は大麦、とうもろこし、ライ麦など様々。むしろ「木製の樽に入れて長期間熟成」の部分が重要なのです。

ウイスキーは大きく3種類に分けられます。大麦麦芽を原料にした「モルト・ウイスキー」、トウモロコシなどが原料の「グレーン・ウイスキー」、そして、その2種をブレンドした「ブレンデッド・ウイスキー」。キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所でつくられる「富士山麓」も、自社で蒸留したモルトとグレーンをブレンドした、ブレンデッドウイスキーです。
ウイスキー

3社の知恵と技術が富士山麓に結集

キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所
キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所は、日本のキリンビール、米国のシーグラム社、英国のシーバスブラザーズ社が合弁で立ち上げた蒸溜所です。目指す理想のウイスキーは「雑味がなく、すっきり果実や花を連想させる心地よい香りを持ったウイスキー」。ウイスキーの出来は、蒸溜所の立地環境に大きく左右されます。この理想を実現するための環境が、富士の裾野、御殿場にあったのです。富士が生み出す豊富な伏流水と、年間の平均気温13度という涼しい気候、そして一年を通して立ちこめる霧による高い湿度ときれいな空気。理想のウイスキーづくりのための自然の贈り物でした。

今回は、蒸留工程を担当する、この道40年のマスターディスティラー(蒸留責任者)の伊倉治さんにお話を伺いました。
インタビュアーは、「バイヤーズレポート」コーナーでおなじみ、名古屋の酒問屋イズミックのチーフバイヤーでソムリエの青田俊一さんです。
名古屋の酒問屋イズミックのチーフバイヤーでソムリエの青田俊一さん(左)とマスターディスティラー(蒸留責任者)の伊倉治さん(右)

富士山からの贈り物、豊富で良質な伏流水

富士山
キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所があるのは、その名のとおり富士山のふもとです。事務所棟の屋上に上がると間近に富士山。取材の日はあいにくの曇りでしたが、ほんの1分、偶然にも富士山頂が顔を覗かせてくれました。ウイスキーの仕込みに使うのは、この富士山の雪解け水が分厚い溶岩に染み込み、湧き出した伏流水。
青田 この富士山のふもとでウイスキーを造っていることで、環境の影響というのはそうとう大きいんじゃないですか?

伊倉 そうですね。なんといっても、水ですね。マザーウォーター(ウイスキーの仕込みに使う水)として、富士の伏流水を使っています。

青田 他の天然水との際立った違いはなんなんでしょう?

伊倉 雪解け水が富士山に染み込んで、だいたい50年ぐらいをかけて濾過されて湧き出しています。なので、不純物がほとんど含まれていません。甘みがあって雑味がない。本当においしい水なんです。それを仕込みにも蒸留にも使っています。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!