イタリアの地方料理に学ぶ家飲み(2)

意外に知られていませんが、イタリアはリンゴの生産量が欧州1位。そこから生まれるワイン「シードル」はクオリティーが高く、世界でも人気です。今回は家飲みの新たな可能性を広げるため、シードルの可能性を探ってみました。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリアの地方料理に学ぶ家飲み(2)

イタリアの初夏の食卓を彩るスパークリング、スィドロ

イタリアは5月になればすっかり夏の陽気。比較的涼しい北部の高地でも、太陽が出れば、Tシャツでも汗ばむ暑さ。でもちょっと陰に入れば、涼しく乾いた風が火照った肌を冷やしてくれます。そんな過ごしやすい季節には、外にテーブルを出してのんびりと食事するのがイタリア流。その食卓には、やはりスパークリング・ワインがほしくなりますね。

イタリアのスパークリング・ワインといえば、やはり「プロセッコ(Prosecco)」が一番人気でしょう。ヴェネト産の辛口白のスパークリングです。同じ辛口白でも、高級スパークリングなら「フランチャコルタ(Franciacorta) 」。シャンパンと同じ製法のイタリアを代表するワインです。ほかにも、赤のスパークリングなら「ランブルスコ(Lambrusco) 」、ロゼのスパークリグなら「ブラケット(Brachetto)」、といったところがよく知られた名前だと思います。

しかしもう一つ、日本ではあまり知られていませんが、この時期に人気のスパークリング・ワインがあります。それは「スィドロ(Sidro)」。フランス語で「シードル」という、あのリンゴで作るワインです。温暖な気候に恵まれたイタリアも、アルプスの麓に位置する北の寒い地域ではブドウの栽培がままなりません。そんな冷涼な地域では、古くからリンゴが栽培され、スィドロが好んで飲まれてきました。

フランスのシードルはガレットとの相性が抜群

日本では「シードル」といえば、フランスものが有名です。フランスも事情は同じで、ブドウ栽培ができない冷涼な地域では、このシードル造りが盛んです。ブルターニュ地方、ノルマンディー地方が最大の産地として有名ですが、特にその名を知らしめたのは、世界遺産として有名な「モン・サン・ミシェル」でしょう。海に浮かぶ島のように見え、実は潮が引けば陸続きで歩いて渡れるという、あの幻想的な修道院です。その周辺のレストランや土産店では、今もシードルが人気商品の一つです。

そしてこの地方のシードルの楽しみ方として、最もポピュラーなのが「ガレット(Galette)」との組み合わせです。ソバ粉を使ったクレープ生地に、チーズやハム、目玉焼きなどをトッピングして、四角に包み込むあれです。私は初めてパリを訪れたとき、ノルマンディー出身のご夫妻が営む小さな食堂で、ガレットとシードルをいただいのをきっかけに、その虜となりました。

今でも五月の声を聞くと、無性にシードルが恋しくなります。ちょうど、私が通うワイン・ショップにもシードルが並ぶ季節となりました。そこで今回、イタリアとフランスのシードルを飲み比べ、またガレットとの組み合わせも比較して、家飲みのヒントにしたいと思います。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!