冷蔵庫に残る食材の活用法をイタリア人の奥さまに教えてもらいました(2)

つい冷蔵庫に残ってしまうイタリアの人気食材の筆頭は、やはり「アンチョビ」ではないでしょうか。塩味が効いて、おいしいけれど、食べきれない、最後は干からびて…というこの食材を、イタリア人はどう食べこなしているのか。(1)に続いての続編です。。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:冷蔵庫に残る食材の活用法をイタリア人の奥さまに教えてもらいました(2)

この記事をシェアしよう!

目次

アンチョビをたくさん使えるあの人気ソースを教えてもらいます

第1回では、黒オリーブとケッパーを活用して「スパゲッティ・アッラ ・プッタネスカ(娼婦風スパゲッティ)」を作ってくれたクラウディアさん。そんな彼女のサルベージ(冷蔵庫の残り物活用)に感心しきりのリサさんが、ふと、こんなつぶやきを。

「うちではよくアンチョビを買うんですけど、これがいつも余ってしまうんですよねえ」

すると、クラウディアさんも大いにうなずいて、

「さっきのケッパーもそうだけど、アンチョビのように味の濃い食材は一度にたくさん使えないのよね。それに、毎日使うわけでもない。そんな食材はイタリアでも余りやすいわ。じゃあ、次はアンチョビをたくさん使えるレシピを教えようかしら」

その声に、リサさんの顔も輝き、

「グラッツィエ・ミッレ!(ありがとうございます!)」

すると、クラウディアさん、食材保存用の容器からオイル漬けのアンチョビを取り出してきました。

「アンチョビがたくさん使えて、作り方はとてもシンプルな料理。それは、バーニャカウダ」

そのメニューを聞くや、リサさんの笑顔がさらに弾け、まるでピッツァ・マルゲリータのような丸々になっています。

「バーニャカウダ、大好き。あの香ばしいソースがやみつきになります。野菜もいっぱい摂れるから、ヘルシーでよく食べてますよ。ただ、いつも既製のソースばかりで、自分でソースを作ったことはなかったなあ」

それを聞いて、クラウディアさんもうれしそう。

「ちょっと時間はかかるけど、一度作ってみれば簡単よ。一回覚えれば、いろんなものに応用できるから、サルベージにはぜったい知っておくべきだわ」

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!