フランスでのフランス人による日本酒コンテスト 「Kura Master」体験記

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する簗塲友何里(やなば ゆかり)さんのお酒コラム。今回は、フランス人による日本酒コンクールのお話です。

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:フランスでのフランス人による日本酒コンテスト 「Kura Master」体験記

フランスの日本酒コンテスト?

最近、日本酒の輸出が伸びていると話題になりますが、実際どうなのか? 日本酒人気が高まるフランスで、実際に体験してきました。
フランスで今年5月に行われたフランス人による日本酒コンテスト「KuraMaster」をお手伝いしてきたのです。私は、東京浜松町で、発酵フレンチと日本酒のレストランを経営していますが、同時に株式会社SAKESceneとして海外での日本酒のPRや、輸出、現地での販路開拓を始めていて、その活動の一環でした。昨年、今年と、この画期的なコンテストに携わり、見て感じたことをリポートします。
日本酒人気が高まるフランスで、実際に体験してきました。

盛り上がった「Kura Master 2018」

さて、第二回目になる今年は、昨年の評判の高さもあり、規模も内容も拡大されていました。エントリーした日本酒たちは、日本からブラインド用の中身が見えないシルバーの袋に入れられ、ナンバリングされてからフランスに輸入されます。フランス側では、どれがどの日本酒かは不明な状態ですね。今回のエントリー数は、なんと、約650銘柄でした! このコンテストのために日本から輸出され、さまざまな蔵が期待を託してエントリーしたのです。
こうして輸入された日本酒がズラリ並んでいるコンクール会場は、ここが、フランスのパリだとは信じがたい奇跡の光景に見えました。そして、これら膨大な日本酒を審査するために集まった審査員は、昨年の倍近い58人! 昨年よりもさらに影響力のある方々が集結しました。3、2、1星のフレンチレストランや高級パレスホテルのソムリエ達が集まった姿は壮観のひとこと。日本酒という未知のお酒の審査から、しっかりと販路に繋げるぞ! という意気込みも感じられます。審査中のディスカッションも長く、皆さんの日本酒への向き合い方、意識の高さが感じられました。
審査後のレセプションでの有料試飲会もかなりのフランス在住の方があつまり、日本での試飲会さながらの、人々の熱気に包まれていました。そこでもこのコンテストの注目度の高さを感じました。
このコンテストの注目度の高さを感じました。
  • 1現在のページ
  • 2

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!