イタリアのクリスマス・イブの家飲みを教えてもらった! (1)

12月のイタリアは、町のイルミネーションとともにクリスマス・ムードが一気に高まります。キリスト教の本場で、彼らはどんなイブを過ごすのでしょうか。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリアのクリスマス・イブの家飲みを教えてもらった! (1)

イブは気心知れた友人と。まずは定番のカクテルで乾杯

当然ながら、キリスト教徒にとってクリスマスは宗教的行事。教会に行ったり、一年を振り返ったり、静かに過ごす時間です。とは言え、食事は美味しく、楽しくするのがイタリア流。どんな伝統と工夫があるのか、NHK-Eテレ『旅するイタリア語』のナビゲーターとして只今活躍中のマッテオ・インゼオさんに教えてもらいました。

「クリスマスにパーティーを開いて、飲んで騒いで、ということは基本的にしないよ。25日のクリスマス当日は、家族や親戚とゆっくり過ごす時間。日本のお正月に似てるね。24日のイブは少しゆるいかな。お祝いの準備をしながら、親しい友達なんかと、ランチや早めの夕食をする感じだね」そんなふうにイタリアのクリスマスを話してくれるマッテオさん。

ここで、彼から1つクイズが。「そんなクリスマスのイブの食卓に、決して出されないものがあるよ」。このコラムでイタリア人直伝の料理を学んでから、すっかり「イタ食通」になったリサさんも、「なんだろう。想像がつかないなあ」とちょっと考え込んでしまいます。

すると、ニコニコ顔のマッテオさん、「それは、お肉と赤ワイン」という答え。「意外です。クリスマスというとチキンとか、ターキーのイメージだったんですけど」、そう言うリサさんに、マッテオさん、こう説明してくれます。「25日は誕生を祝うので、体や血を象徴する肉や赤ワインはしっかりいただくよ。でも、その前日の24日は、まだ生まれる前。聖なる誕生を前に、肉体のイメージにつながるものは慎むという伝統があるんだね」。なるほど、やはりイタリアのクリスマスには深い宗教性が感じられますね。

では、どんな物なら食べていいのでしょうか?「お肉以外ならオーケー。僕の故郷では魚介類が中心だね。ワインなら、白ワインかスパークリング、カクテルなんかもいいよ」。

というわけで、今日はまずマッテオさんが、友達と集まればよく作るという、イタリアン・カクテルで乾杯することに。「スプリッツというカクテルだよ。イタリア製のハーブ・リキュールをスパークリングワインで割る、爽やかなカクテル。今日はあの有名なカンパリで作ってあげるよ」。そう言いながら、マッテオさんが用意したお酒がこちら。
スプリッツを作るのに必要なお酒
「スプリッツというカクテルは、イタリアではプロセッコ(ベネト産の白辛口スパークリングワイン)で割るのが普通だけど、日本ではなかなか手に入らないから、白のスパークリングならなんでもオーケーだよ」。そう言うマッテオさんに、リサさんも、「カンパリ・ソーダとかカンパリ・オレンジなら、飲み会でもよくいただきますよ(笑)」。「そう、日本の居酒屋さんにもカンパリを使ったメニューが置いてあるけど、イタリアではやっぱり、カンパリはスプリッツにするのが好まれるね」。そんな会話をしながら、マッテオさんのスプリッツ作りが進んでいきます。
スプリッツを作るマッテオッさん
「だいたいカンパリ1、スパークリング2で割るよ。濃いのが苦手な人は、さらに炭酸水を1程度足してもいい。口当たりが軽くなり、飲みやすいよ。そしてオレンジをスライスして添えると、爽やかさがアップするね」。
スプリッツ、完成
さあ、完成。薄紅色に透き通るカクテルが、太陽の光になんとも似合います。「早く飲みたーい」というリサさんに、マッテオさんがイタリア語で、「サルーテ!」とかけ声。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!