世界の蒸留酒とリキュールをめぐる話<お酒のたしなみ入門③>

渋谷のワインバー bar bossa店主・林伸次さんが綴る連載コラム。今回は楽しみ方を身に付ければ、ぐっとオトナになれる蒸留酒とリキュールのお話です。

ライター:林 伸次林 伸次
メインビジュアル:世界の蒸留酒とリキュールをめぐる話<お酒のたしなみ入門③>
ハイボール、流行ってますよね。理由は二つ、考えられます。

①原価が安いのでお店側が売りたい
例えば、ビールの原価は百数十円なのですが、ハイボールは数十円です。お店としては儲かるのでオススメしたいですよね。

②ビールと比べて糖分やプリン体の心配がない
知人がお医者さんに、「ビールをハイボールにかえなさい」と指導されたそうです。お医者さんもすすめるんですね。

さて、そんなハイボール、もちろん原料はウイスキーと炭酸ですが、このウイスキーは蒸留酒です。蒸留酒はビールのような醸造酒と比べて、「不純物」が少ないので、二日酔いになりにくいと言われています。蒸留酒、気になりますよね。今回はそんな蒸留酒と、その親戚のリキュールについて説明いたします。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!