お酒の“チャンポン”は悪酔いする説って本当?

人気管理栄養士・森由香子さんによる連載コラム「老けない人は何を飲んでいる?」。今回は、二日酔いしやすいと言われている「お酒のチャンポン」について。

メインビジュアル:お酒の“チャンポン”は悪酔いする説って本当?
「チャンポンすると悪酔いする、速く酔いがまわる」
だれしもが、耳にしたことがあると思います。皆さんは、最初に何を選んでいますか?  日本の宴会では常套句の「とりあえずビール」にはじまって、その後、日本酒、ワイン、サワー、ハイボール、水割り、ロックなど、ビールよりもアルコール度数の高いものに移っていく人が多いように見受けられます。少なくとも2種類のお酒をのむ、つまりチャンポンしている人が大半を占めているのではないでしょうか。
 

チャンポンすると肝臓に負担をかける成分が増える?

チャンポンのように種類を変えていろいろと飲むことで懸念されることに、蒸留酒に含まれる極微量のメチルアルコールや、醸造酒に含まれる不純物(アセトン、フーゼル油)などの存在があります。メチルアルコールは、エチルアルコール(純アルコール)に比べてカラダから排出される速度が10倍ぐらい遅いとされます。ですので、醸造酒、蒸留酒といろいろな種類を組み合わせることで、水やエチルアルコール以外の成分が増えて肝臓への負担がかかるという説があるのでしょう。
 

「ビール → 蒸留酒」の順番が原因?

また、チャンポンについて、日本ばかりでなく海外でも次のような俗信があります。 「Beer before liquor, never been sicker.(ビールを飲んだ後に蒸留酒を続けると最悪)Liquor before beer, you’re in the clear.(蒸留酒を先にのめば、大丈夫)」
これは、ビールから始めると、次にアルコール度数の高い蒸留酒を飲む場合、ビールと同じぐらいのスピードで速く飲みがちになり、飲みすぎる傾向があります。その一方、蒸留酒、たとえば、ウイスキーのオンザロックをはじめに飲むと、次にビールを続けても、ゴクゴク、ハイペースで飲むことはなく、ゆっくり飲む傾向にあります、というようなことです。
  • 1現在のページ
  • 2