適度な飲酒量を計算しよう〈老けない人は何を飲んでいる? ⑨〉

「お酒は適量を」とよく言われますが、ではその適量はどのように計算すればいいのでしょうか。

メインビジュアル:適度な飲酒量を計算しよう〈老けない人は何を飲んでいる? ⑨〉

「適度な飲酒」とは、一日あたり20gが目安。

職業柄、どのようなアルコール飲料ならばカラダによいのですか? ときかれることがあります。ビール、焼酎、ワイン、日本酒、ウイスキー、酎ハイ、カクテルなど、様々な種類がありますが、カラダに良いアルコール飲料はこれだ! というエビデンスはいまのところありません。

私は、アルコール飲料を飲みながら健康が維持できるかどうかは、飲酒量しだいというところではないかと思います。ご存知のとおり、アルコールの代謝能力は個人差があるので、アルコールの適量も個人によって差があるものの、ひとつの基準として、厚生労働省が示している数値があります。

21世紀に入り厚生労働省が策定した、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針「健康日本21」では、「節度ある適度な飲酒」は、1日平均、純アルコールにして約20g程度とされました。この改訂版である平成25年からの計画「健康日本21(第2次)」では、「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」は、1日当たり純アルコール摂取量が男性で40g以上、女性で20g以上とされています。

人は、自分の飲食したもの、その量を忘れがちです。そして知らないうちに、飲酒量がどんどん増えていきます。毎日の晩酌、宴会、友人や同僚との飲み会で、純アルコールにしてどのぐらい飲んだか把握している人はほとんどいらっしゃらないでしょう。

健康的な飲酒ライフをこれからも続けていくうえで、一度、飲酒量を把握することをおすすめします。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!