5/5まで開催中!レアな新酒が楽しめる「クラフトビール新酒解禁祭り2018」レポート

ビールフェスが楽しみな季節になってまいりました! ビールフェスといってもいろいろありますが、今回はベルサール高田馬場で今まさに開催中(5/5(日)まで)の「クラフトビール新酒解禁祭り2018」をレポートします。今回が第1回目のこのイベント、ここでしか飲めない限定ビールや新作ビールが飲めちゃうユニークなビールフェスなのです。

メインビジュアル:5/5まで開催中!レアな新酒が楽しめる「クラフトビール新酒解禁祭り2018」レポート

「クラフトビール新酒解禁祭り」とは?

一番の特長は、この日のために造られた新作・限定クラフトビールを飲める、ということ。全部で43のブースのうち、フードやワイン、日本酒を除くほとんどのブースで計30種類以上の新酒が提供されています。もちろん各ブルワリー自慢のレギュラービールも120種類以上ラインナップ。初心者からマニアまで楽しめるビールイベントです。
◎日時/会場
開催日時 4月28日(土)~2018年5月5日(祝) 11:00~21:00、5月6日(日)11:00~18:00
会場 ベルサール高田馬場 大ホール/芝生広場

◎出展ブルワリー
ウェラワン(千葉)、独歩ビール(岡山)、鳴子温泉ブルワリー(宮城)、所沢ビール/MAC’s CARROT(埼玉)、吉備土手下麦酒醸造所(岡山)、遠野麦酒ZUMONA(岩手)、ティー・ワイ・ハーバーブルワリー(東京)、富士桜高原麦酒(山梨)、籠屋ブルワリー(東京)、EBINA BEER(神奈川)、新宿ビアブルーイング(東京)、えぞ麦酒株式会社(インポート)、KOKAGEビール(長野)、仙南クラフトビール(宮城)、信州須坂フルーツエール(長野)、秋田の地ビール 秋田あくらビール(秋田)、Outsider Brewing(山梨)、スワンレイクビール×スワンレイクパブエド東京(新潟)、株式会社 加美町振興公社 やくらいビール(宮城)、Far Yeast Brewing(東京)、田沢湖ビール(秋田)、F.B.JAPON(インポート)、NORTH ISLAND BEER(北海道)、10ants Brewing(東京)、EverGreen Imports(インポート)、アサヒフードクリエイト株式会社(東京)、パーフェクトビアキッチン(埼玉)、~ならしのクラフトビール~ むぎのいえ(千葉)、後藤醸造(東京)ほか

◎料金
入場無料

◎公式サイト
http://craftbeer-shinshu.com/

いざ、「クラフトビール新酒解禁祭り」へ!

会場は、JR、西武新宿線「高田馬場駅」から南へ徒歩5分の場所にある「ベルサール高田馬場」(アクセスはこちら)。
ベルサール高田馬場
エスカレーターで地下へ降りると、そこがメイン会場の「大ホール」。ビールフェスというと野外で行われることが多く、開放感が魅力的な反面、お天気や気温が気になりますが、ここは室内なので空調完備。当然、UV対策もいりません。
メイン会場の「大ホール」
ちなみに、開放感重視!アウトドア大好き!という方には屋外の会場として「芝生広場」が用意され、青空の下、寝転がってビールを楽しむことも可能です。ただし飲食物を持っての大ホールと芝生広場の移動は不可とのこと(芝生広場にも出店あります)。
開放感重視!アウトドア大好き!という方には屋外の会場として「芝生広場」が用意
入場は無料ですが、飲食は屋内会場内にいくつかある販売機でチケットを購入。100円券と1000円券の2種類があります。
販売機でチケットを購入。100円券と1000円券の2種類があります
ビールのブースはこんな感じです。
ビールのブース1
ビールのブース2
新酒にはこんな風に目印が貼ってあります。分かりやすい!
新酒にはこんな風に目印が貼ってあります
実行委員会が「クラフトビール東京」と「高田馬場ビール工房」に協力を仰いで実現した、イベントオリジナルの新酒「BABA-IPA」も登場。800杯限定なのでお早めにどうぞ。江戸東京野菜認定の「内藤とうがらし」と「四川山椒」を使ったパンチの効いたIPAタイプで、肉料理と相性が抜群なんだそうです。
イベントオリジナルの新酒「BABA-IPA」も登場。800杯限定
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3