ビールはなぜ一杯目が美味しいのか〈老けない人は何を飲んでいる? ⑦〉

飲むほどにビールの苦味が気になり出すのにも科学的な根拠があったのです。

メインビジュアル:ビールはなぜ一杯目が美味しいのか〈老けない人は何を飲んでいる? ⑦〉

水分を感じる神経は、水よりもビールに強く刺激される

「とりあえずビール」「最初はビール」、一日の仕事が終わったあとやスポーツで汗を流したあとのビールは格別の美味しさです。なぜのどが渇くとこれほどビールを飲みたくなってしまうのでしょうか。

そしてもうひとつ。二杯目のビールが一杯目ほど美味しいと感じないのはなぜなのでしょうか。「のどの渇きがいったん癒されたから」と何となく想像はできますね。ただ、同じ銘柄なのに二杯目、三杯目と飲み進めるにしたがってだんだん「苦みが増してくる」と感じることがあります。それはなぜなのでしょうか。

それらの現象には、理由がありました。

新潟大学の真貝富夫助教授(味のなんでも小事典(日本味と匂学会編)講談社)が説明しています。それによりますと、カラダには、複数の情報から今一番必要な情報を選んでいるという脳の仕組みがあるため、ビールの味わいは、そのときどきのカラダの状態で変わっていくというのです。

たとえば、汗をかいてカラダが水分を欲している状態で、ビールをのめば、のどにある水繊維(水を感じる神経)がはたらいて脳に信号をおくり、脳の渇きが満たされた、乾きがいやされたと感じることになります。

のどにある水繊維は、水よりもビールによって強く刺激されることもわかっています。つまり、のどの渇きが強いとビールを飲んだほうが満たされやいのです。のどが渇いたときに水よりも「とりあえずビール!」という気持ちになってしまうのは、まさに人の身体が欲していることなのです。
  • 1現在のページ
  • 2