酒税法改正で「ビール」になったクラフトビールで夕涼みはいかが?

4月の酒税法改正でビールとして認められる副原料の幅が広がり、改正前には、麦芽を50%以上使っていても認められていない副原料が入っているため「発泡酒」だったものが、晴れてビールと表記できるようになりました。夕涼みに「ビール」になったばかりのクラフトビールはいかがですか?

メインビジュアル:酒税法改正で「ビール」になったクラフトビールで夕涼みはいかが?

金しゃち|名古屋赤味噌ラガー


名古屋名物の「赤味噌」を原料の一部に使用、麦芽と赤味噌の旨みを融合した深いコクと飲み口を持つ、個性的な一品。ジャパンビアカップ金賞(2007年)など数々の賞を受賞。
・主な副原料:赤味噌
・アルコール度数:6%

 

常陸野ネスト|ホワイトエール


奥深い味わいの小麦麦芽とスパイシーなホップ。さらにコリアンダー、オレンジピール、ナツメグ等のハーブスパイスを加えて醸造するベルギーの伝統的ビール、ホワイトエールのスタイルで造ったうすにごり小麦ビール。
・主な副原料:ナツメグ
・アルコール度数:5.5%
 

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

「100%品種を当てられないワイン」現存最後のヴィンテージ 幻の白ワイン、待望入荷!残りわずか【お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!