玉ねぎ1個があればいい! 玉ねぎで作るおつまみレシピ

【庄司いずみのベジつまみ㉖】玉ねぎ1個あれば、今夜のおつまみがすぐできる! お財布にも体にもやさしいレシピをご紹介します。

ライター:庄司 いずみ庄司 いずみ
メインビジュアル:玉ねぎ1個があればいい! 玉ねぎで作るおつまみレシピ
こんにちは! 野菜料理家の庄司いずみです。

買いものに行けない、冷蔵庫になにもない、という時でも、たいていあるのが玉ねぎではないでしょうか。日持ちはするし、いつでも安い。玉ねぎは家庭料理の救世主です。
玉ねぎ
栄養的にもすぐれています。

玉ねぎに含まれる硫化アリルは血液サラサラによく、血圧が高い方にもいいし、生活習慣病予防にいいのはよく知られているところ。血行促進で冷え性改善や代謝アップに。カリウムも多いからむくみも改善、豊富なオリゴ糖がお腹の調子を整える、などいいことたくさん。

今回はそんな玉ねぎが1個あればOKの、財布にも体にも優しいベジつまみを紹介しましょう。

【玉ねぎおつまみレシピ①】炒め玉ねぎの粒マスタード和え

炒め玉ねぎの粒マスタード和え
まずはサッと炒めるだけでできる簡単なベジつまみを。

玉ねぎ1個を薄切りにし、ローリエ1枚とともにオリーブオイルで炒めます。しんなりしてきたら、酢、白ワイン(酒でも可)を大さじ2ずつ、塩を小さじ1/4加え、蓋をして2分ほど蒸し焼きに。

最後に蓋をとり、粒マスタード大さじ2を混ぜ込めば出来上がりです。 簡単ですが、ワインにも日本酒にも合うおいしさです。

【玉ねぎおつまみレシピ②】フライドオニオン

フライドオニオン
お次は常備しておくと何かと便利な手作りフライドオニオン。

難しそうに思いますが、意外や簡単。作り方を紹介しましょう。
 

●フライドオニオン(作りやすい量)

材料

  • 玉ねぎ 1個
  • 小麦粉 大さじ1
  • 揚げ油 適量

作り方

  • 玉ねぎは薄切りにし、盆ざるなどに広げ、30分ほどベランダなどにおいておく。(*テーブルの上などでも。水分が軽く飛べばOKです)
  • ①をボウルに入れ、小麦粉大さじ1をまぶしつける。
  • ②をフライパンに入れてひたひたの油を注ぎ、中火で加熱。きつね色になるまで揚げる。
  • ③をキッチンペーパーの上に広げて油を切り、冷ましたら出来上がり。
冷蔵庫で3日は保存可能なので、たっぷりめにつくることをおすすめします。

何もなければこのフライドオニオンに塩をふるだけでもおつまみになりますし、これさえあればサラダも途端に上等な味に。好みの野菜と一緒に盛りつけ、お好みのドレッシングで食べるだけ。
フライドオニオンをトッピングしたサラダ

【玉ねぎおつまみレシピ③】フライドオニオンと味噌のディップ

味噌とフライドオニオンのオニオンディップ
味噌にあわせるだけ、とっても簡単なオニオンディップもおつまみにおすすめ!

茹でキャベツやレタスなど、あるいはスティック野菜に味噌をのせ、手作りフライドオニオンをのせていただきます。

これだけですが、お酒に最高! ハマること間違いなしの最高のベジつまみです。 よかったらお試しくださいね。


※記事の情報は2020年3月23日時点のものです。
  • 1現在のページ