映画「君の名は」にも登場した「口噛み酒」とは? 日本酒と神社の深~い関係

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する簗塲友何里(やなば ゆかり)さんのお酒コラム。今回は、何かと寺社仏閣に縁のある年末年始、日本酒と神社の深~い関係について考えてみよう、というお話。

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:映画「君の名は」にも登場した「口噛み酒」とは? 日本酒と神社の深~い関係

映画「君の名は」に登場する巫女の「口噛み酒」

去年大ヒットしたアニメ映画、「君の名は」はご覧になりましたか? あの映画の中で出てきた、巫女でもある主人公の三葉が口噛み酒を造っているシーン、それを観たときにこれで日本酒の歴史についても話しやすくなるな、とうれしく思いました。
酒が米を主体として造られはじめた起源は、縄文時代から弥生時代にかけてだそうです。穀物を口に入れて加温しながら噛み砕き、唾液の酵素で糖化させ、発酵させていたのです。いくら美しい巫女とはいえ、その方がペッと口から出したものを飲料にするというのは、普通の感覚では少々受け入れ難いものですが、「君の名は」によって美しく幻想的に表現され、神秘的な雰囲気になりました。これからは、このアニメを引き合いに出しながら口噛み酒の説明ができます。
実は昔、私は巫女をしていました。ですから、今このように日本酒の仕事をしているのも「ご縁」を感じます。そのため、いつか神社と日本酒についてまとめてお伝えしたいという想いがありました。
まずは日本神話の時代にさかのぼってみましょう。
映画「君の名は」に登場する巫女の「口噛み酒」

日本神話から日本酒が登場!

日本酒は、日本神話の中にすでに登場します。例えば、有名なスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治。スサノオノミコトは、何度も醸した濃い強い酒の香りでヤマタノオロチおびき寄せ、酔っぱらって動けなくなったところを退治しました。日本酒の香りというのは怪物にとっても魅力的なのですね。ヤマタノオロチ、個人的にとても親近感が沸いてしまいます(笑)。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!