これでワカッタ!純米酒【コクのあるふくよかな味わい】

日本酒は、同じ◯✕酒造の同じ「凸凹」というブランドでも、その中に、「純米凸凹」、「凸凹大吟醸」、「凸凹特別本醸造」など、いろんな種類があって、アァ~、わからん!となってしまいがち。そんな貴方に、すっきりわかるお酒の種類のミニ解説をお届けします。同じブランドの中に存在する「いろんなお酒」のことを特定名称酒といい、それぞれ作り方が決まっているんです。ここんところがわかると、スッキリ家飲み日本酒が選べそう。今回は日本酒売り場の棚で多くみかける「純米酒」について。

メインビジュアル:これでワカッタ!純米酒【コクのあるふくよかな味わい】

純米酒とは?

酒屋さんの日本酒コーナーを眺めると、まず目につくのが「純米」と大きく書かれたラベルです。どのメーカーからも「純米」と名乗るお酒が出ています。
純米酒ってなんでしょう?この答えはカンタンです。原材料に、水と麹の他、お米しか使っていないお酒の事。以上! なんですが、もう少しお付き合いください。日本酒の原料はお米にきまっているのに、なぜわざわざ「純米」と名付ける必要があるのか…。
実は、スタンダードな日本酒造りでは、お米が発酵してできたアルコール以外に、人工的に飲用アルコールを混ぜている場合が多いのです。といっても、何かズルしているわけではありません。味も匂いもない飲用のアルコールを最後に適宜添加することで、すっきりした味わいを出したり、キレの良さを演出したり、といった「調味料」「隠し味」「味わいの調整剤」として添加します。これも蔵の腕の見せどころの一つ、と言えるでしょう。

純米酒は、この最後の調整を行わず、お米の味わい100%のお酒、米の旨味を味わうためのお酒です。別の言い方をすれば、調味料を使わずに「おいしく造る」ための手間暇をかけている、特別なお酒、ということ。一般に「コクのあるふくよかな」味わいと評されます。

純米酒にも色々ある?

さて、純米酒買おう…… と酒屋さんの棚をよく見れば、単に「純米酒」ではなく、何かとくっついた色んな純米酒があります。「純米◯◯」とついたやつ。醸造アルコールを添加していないことだけが「純米」の条件なので、同時に他の特別な要件(精米歩合や発酵方法など)を満たしていれば、純米であると同時に「吟醸」や「大吟醸」なども同時に名乗ることができるのです。「純米◯◯」となっているものは、純米であると同時に、ほかの特定名称酒の条件も満たしているさらにスペシャルなお酒、ということになります。
これら純米酒をリーズナブルな順にならべると、下記のようになります。

●「純米」
水、麹、米のみを使って、醸造アルコール添加をしないお酒です。お米のコクと旨味が持ち味。

●「特別純米」
純米であり、なおかつ、精米歩合が60%以下のお酒。単なる純米よりもすっきり、きれいな味わいに。また、お酒の製法や原料に特段の工夫がある場合にも、この「特別」をつけることができます。何が「特別」なのかはラベルに表示されていますので、要確認!

●「純米吟醸」
純米であり、なおかつ、精米歩合が60%以下で、さらに「吟醸造り」という発酵を行っているお酒。低温でじっくり発酵させ、香り高いフルーティな味わいに。

●「純米大吟醸」
上記の純米吟醸のなかで、精米歩合が50%以下のもの。贅沢にお米を削って造っています。純米吟醸よりさらにすっきり、きれいな味わい。

純米酒は、お米の旨味を100%引き出すべく、各蔵ががんばったお酒。ピュアな日本酒の美味しさを味わえる特定名称酒です。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!