お酒がもっと深く好きになる検定&資格ガイド <日本酒編>

自分の日本酒知識はどれくらい? 「唎酒師」になるには? 初級者~上級者レベルまで様々にご紹介します。

メインビジュアル:お酒がもっと深く好きになる検定&資格ガイド <日本酒編>
お酒をただ美味しく楽しむのも良いですが、もう一歩踏み込んで知識を深めることで、これまでに体験したことのない新しい味わい方を発見したり、自分以外の誰かにも美味しさを提案することができるようになります。
お酒の検定や資格は、そうした知識の深さをはかる指標です。
ビールに続くシリーズ2回目の今回は、季節の深まりとともに旨味を増す「日本酒」を取り上げます。
 

そもそも「検定」と「資格」の違いとは?

「検定」とは、ある特定の知識や能力をその人がどれくらいもっているかを検査することです。資格と異なり、合格することで何らかの免許や肩書等が与えられるわけではありません。
日本酒の検定では、受講必須なカリキュラムがあるわけではなく自分なりのペースで勉強し受検できるので、たんに腕試しがしたいのであれば資格取得より気軽だと言えます。
「資格」は、カリキュラムの受講や試験に合格することである特定の機関から免許や肩書が与えられます。ですので、仕事や業務に役立てたいと思っている方は資格取得のほうが有利かもしれません。ただし、検定に比べると費用がかかります。
日本酒の資格の場合、必須カリキュラムを受講すれば資格が与えられるものと、必須カリキュラム受講後に認定試験に合格して資格が与えられるものがあります。
 

日本酒にまつわる【検定】

日本酒検定イメージ


日本酒検定|日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)

Q. どんな検定?
A. 日本酒についての幅広い知識をもっているかが試されます
「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)」が主催する検定で、出題レベル別に3級・2級・準1級・1級があります。日本酒の魅力をもっと知ってもらい、より深く楽しんでもらうきっかけになれば、という目的でスタート。日本酒の文化や製造方法、モラルやマナー、うんちくなど幅広く出題されます。

Q. どこで受けられるの? 費用は?
A. 全国7都道府県で実施。レベル別に3,650~5,250円かかります

全国7都道府県8会場で実施。検定料は、3級が3,650円、2級が4,200円、準1級が4,700円、1級が5,250円です(1級は準1級合格者、準1級は2級合格者、2級は3級合格者のみ受検可能)。

Q. どんな問題が出るの?
A. 全50問。3~1級まで、すべてマークシート形式で出題
3級

日本酒の基礎知識、周辺知識のみならず、特徴、魅力を理解し第三者に伝えられるかどうかが試されます。
<過去問題>
精米歩合60%は精白率でいうと何%になるか?
(1)20% (2)40% (3)60% (4)80%
正解:(2)40%

2級
日本酒の特徴、魅力を理解したうえで、新たな楽しみ方を考案できるかどうかがポイントです。
<過去問題>
次の酒器の材質のうち、最も温度が変化しにくいのはどれか?
(1)錫製の酒器 (2)ガラス製の酒器 (3)陶器製の酒器 (4)チタン製の酒器
正解:(4)チタン製の酒器

準1級・1級
日本酒のあらゆることに精通し、後世へ適切に継承発展を行える人を対象とした上級レベルの問題です。
<準1級の過去問題>
酒の効用が謳われる室町時代からの狂言はどれか?
(1)悪太郎 (2)餅酒 (3)貰聟 (4)ぬけがら
正解:(2)餅酒

<1級の過去問題>
次の焼き物のうち「中世六古窯」に数えられないものはどれか?
(1)常滑焼 (2)越前焼 (3)美濃焼 (4)丹波焼
正解:(3)美濃焼

Q. 気になる難易度は?
A. 3級の場合は、7割以上の正解数で合格!

合格基準となる正解数は、3級が全問題の70%以上、2級が75%以上、準1級が80%以上、1級が85%以上となっています。

Q. 何を参考に勉強すればよい?
A. レベルに合わせたテキストが用意されています


<3級・出題テキスト>
『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』
定価:1,058円 発行:NPO法人FBO


<2級・準1級・1級 出題テキスト>
『新訂 日本酒の基』
定価:3,240円 発行:NPO法人FBO


より詳しい内容は、「日本酒検定」のWEBSITEでチェック!
 

新潟清酒達人検定|新潟清酒達人検定協会

Q. どんな検定?
A. 新潟の酒に特化したレアな検定。 目指すは「金の達人」!

主催は、新潟県酒造組合や新潟県観光協会などが加盟する新潟清酒達人検定協会。新潟の酒への知識を深めながらその素晴らしさを再発見することで、新潟清酒ファンになってもらうのが目的です。
検定は、「金の達人」「銀の達人」「銅の達人」と3ランクあります。

Q. どこで受けられるの? 費用は?
A. 「銅の達人」は新潟・東京・大阪で開催。費用はレベル別に3,240~5,400円

試験会場はご当地である新潟以外に、「銅の達人」のみ東京・大阪でも出張検定を実施。受検費用は、「銅の達人」「銀の達人」は3,240円(※東京・大阪会場で「銅の達人」を受検する場合は4,000円)、「金の達人」は5,400円(「金の達人」は「銀の達人」合格者、「銀の達人」は「銅の達人」合格者のみ受検可能)。

Q. どんな問題が出るの?
A. 「銅の達人」「銀の達人」はマークシート回答。「金の達人」は小論文+実技
銅の達人

「製造方法」「分類」「品質管理」「美味しい飲み方」など日本酒の基礎知識、新潟清酒の旨さを語るのに欠かせない「歴史」「米」「水」「技」などのさまざまなジャンルから出題。
<過去問題>
冬の新潟の気候は酒造りに適しているといわれますが、最もふさわしくない記述はどれでしょうか?
A. 日照時間が短い B.適度な低温で安定している C.日中と夜間の温度差が大きい D.降雪量が多い
正解:C

銀の達人
新潟清酒についてのやや高度な問題をさまざまなジャンルから出題。
<過去問題>
越淡麗に関する記述のうち正しい説明はどれでしょうか?
A. 清酒にしたときに味がくどくならず、五百万石よりもすっきりした軽い清酒に仕上がる。
B. 15年の歳月をかけて研究し、2006年から仕込みに使われている。
C. 高度精米に適していることから、山田錦に並ぶ酒造好適米の代表的な品種で、作付比率は2位である。
D. 主な産地は開発県の新潟であるが、隣県の富山・群馬などでもその品質の高さから作付けされている。
正解:B

金の達人
事前にその年のテーマに沿った小論文を提出し、試験当日は新潟清酒10点をきき酒します。

Q. 気になる難易度は?
A. 「銅の達人」は、7割以上の正解数で合格!

「銅の達人」は100点満点中70点以上、「銀の達人」は80点以上が合格となります。「金の達人」は小論文60点+実技40点=総合評価100点の評価配分で合格者を決定するとのこと。

Q. 何を参考に勉強すればよい?
A. 「銅の達人」「銀の達人」の過去問題も掲載された公式テキストブックがあります

【改訂版】新潟清酒ものしりブック『新潟清酒達人検定公式テキストブック』
定価:1,600円(税別) 発行:新潟日報事業社


より詳しい内容は、「新潟清酒達人検定」のWEBSITEでチェック!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!