日本酒選びのヒントは裏ラベルにアリ。

酒屋さんで日本酒を買うとき、どうやって選んでますか?表ラベルのデザインで「ジャケ買い」というのも楽しいですが、「裏ラベル」を読み解いて買うのも面白いですよ!

メインビジュアル:日本酒選びのヒントは裏ラベルにアリ。

裏ラベルを読もう。

瓶の裏側に貼られた裏ラベルはお酒の履歴書。どんな原料で、どんな風に造られたか、また味わいの傾向はどんな感じ? とお酒選びに使える情報が詰まっています。と言ってもすべてのお酒の裏ラベルに共通の情報が載っているわけではありません。その情報量は蔵によって様々で、中には「先入観を持ってほしくない」という理由から、簡単な説明が一行だけ、といったケースもあります。では、さっそく一般的に裏ラベルに記載されることの多い項目を眺めていくことにしましょう。

○原材料名
原材料が「米・麹」となっていれば、アルコールを添加していない純米酒、コクのあるタイプです。また、ここに「飲料用アルコール」も書かれていれば、アルコールで味わいを調整した本醸造タイプ、すっきりしたお酒が多いです。また、「山田錦」「雄町」といった酒米の品種が記載されている場合もあります。
酒米についてはコチラもどうぞ

○精米歩合
原料のお米の表面をどれぐらい削っているかが、精米歩合です。この数値が低いほど、たくさん削っている贅沢な造りをしているという事になります。一般的には、50%以下など、精米歩合が低いほど雑味の少ないきれいな味わいになるとされています。逆に精米歩合が70%など高い場合は旨みがたっぷりある飲みごたえのあるお酒である可能性が大きいです。
精米歩合についてはコチラもどうぞ

○アルコール分
お酒に含まれるアルコール分を度数で表記したもの。日本酒は醸造が終わった段階ではだいたい20度ほどのアルコール度数になります。そこに水を加えてアルコール度を調整しておおむね14~16度にするのが一般的。水を加えず瓶に詰めたものはいわゆる原酒と言われ、20度程度のアルコール度数、ガツンと飲みごたえのあるお酒です。最近では、逆に13度などアルコール度数を低くして飲みやすくしたタイプも人気です。

○製造年月日
そのお酒を瓶に詰めた年月日が記載されています。絞った日付ではありません。日本酒には賞味期限はありませんが、保存状態によってはあまり時間がたっていると味わいが落ちている可能性も。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!