意外だけど簡単! ビールとスイーツの合わせ方

合わせてみると意外とおいしい、クラフトビールとスイーツのマリアージュをご紹介します!

ライター:長谷川小二郎長谷川小二郎
メインビジュアル:意外だけど簡単! ビールとスイーツの合わせ方
筆者はイエノミスタイルで何度か、ビールと料理のマリアージュについて書いてきたが、今回ほど意外な食べ物であり、合わせ方の結論が意外と思われるものはないかもしれない。それは、食べ物はスイーツであり、結論は「ビールと合わせやすい」ということだ。  

スイーツがなぜビールと合わせやすいか。まずコーヒーを思い浮かべてもらえると分かりやすい。一般的には苦味と焦げ香ばしさを特徴とするコーヒーは、香ばしさを持っていることが多いスイーツと合わせると、素晴らしいマリアージュを起こす。説明すること自体がくどくなってしまうが、焦げ香ばしさは甘味を強め、苦味は甘味と和らげ合うので、最初に強くなった甘味が最後は苦味で引き締まって次の一口がまた欲しくなるという、理想的な状況が生まれるからだ。  

だから「スイーツは焦げ香ばしさを持つ濃色のビールを合わせればよい」と結論付けて説明を終わらせてもよいのだが、それはあくまでも基本中の基本。今回は、特徴が異なる四つのスイーツそれぞれで、合わせると異なるマリアージュを起こせる2銘柄のビールを提案する。

ビール × チョコレートケーキ

ビール × チョコレートケーキ
ヴィエナラガーに分類されるTOYODA BEER(左)と、グレーフルーツの皮を使ったIPAであるブリュードッグ「エルビスジュース」をチョコレートケーキに
嫌いな人なんていないのではないかと思ってしまうくらい、典型的なスイーツだ。言うまでもなく、焦げ香ばしさと甘味を特徴としていて、ケーキなのでふんわりとした食感も楽しめる。  

これに合わせたのはまずヴィエナラガー。オーストリアのウィーンで発祥したビアスタイルで、茶色から想像できるはっきりした香ばしさを特徴とする。苦味より甘味が強いが、写真のように静かに注いで泡を立てなければ、苦味も特徴の一つとして楽しむことができる。後味はすっきりとしている。チョコレートケーキと合わせると、ビールの香ばしさがケーキの焦げ香ばしさを適度に強め、ビールの苦味はケーキの甘味と和らげ合い、ほろ苦さが強まる。スイーツといっても甘味よりもチョコレートの香ばしさやほろ苦さを楽しみたい人にはいいだろう。  

もう一方のビールは、グレープフルーツの皮を使ったIPAである、ブリュードッグのエルビスジュース。IPAとはホップの香りと苦味を強めた、比較的特徴が際立ったスタイルのこと。これとケーキを合わせると、グレープフルーツの皮とホップ由来のしっかりした苦味がケーキの甘味と和らげ合いつつ、グレープフルーツの香りは残って、まるでグレープフルーツが練り込まれたチョコレートケーキを食べている感じになる。「果物が入ったケーキは甘ったるくて苦手」という人にぜひ、この「口の中で出現するフルーツチョコレートケーキ」を味わってもらいたい。  

どちらのビールも、チョコレートそのものが持つ特徴を伸ばすことを基本にした組み合わせ方だ。

ビール × チーズケーキ

ビール × チーズケーキ
ボヘミアンピルスナーに分類されるブドヴァル(左)と、富士桜高原麦酒「ラオホ」をチーズケーキに
ここからが本当の応用編の始まりだ。チーズケーキはご存じの通り(クリーム)チーズやバターを使って作られる。このバターに着目すると、合わせて面白いスタイルの一つがボヘミアンピルスナー。トーストやビスケットのような麦芽由来の香りや、弱いがはっきり感じる甘味、中程度の苦味などを特徴とする。そして時に、バターのような香りも持つ。このバターのような香りはダイアセチルまたはジアセチルと呼ばれる物質で、ビール製造においてはオフフレーバー(好ましくない味や香り)と呼ばれる。しかし存在悪というわけではなく、例えばこのボヘミアピルスナーでは、他の特徴の邪魔をせずごくわずかに感じられる分にはむしろ、このスタイルらしい特徴としてとらえられる。  

実際に合わせてみると、まずこのお互いにあるバター香が高まり合い、非常に香ばしくなる。さらにビールの中程度の苦味が、チーズのうま味を強め、甘味と和らげ合う。  

うま味を強める別の方法となるのが、ラオホだ。ラオホは燻製した麦芽を使っていぶした感じの香りをまとったビールのこと。もうご想像の通り、チーズケーキと合わせると、スモークチーズが口の中で出来上がる。この燻製香もうま味を強めるので、スモークチーズらしさを感じた時点でうま味を強く感じるだろう。世の中には「スモークチーズケーキ」も既に存在するようだが、それにラオホを合わせても、美味しいのだろうが、面白みに欠ける。もしかしたらやりすぎになるかもしれない。口の中で完成し、驚きのある美味しい変化を楽しんでみよう。  

いずれのビールも最終的にはチーズケーキのうま味に着目した合わせ方だ。
 
  • 1現在のページ
  • 2

おすすめのクラフトビールはこちら!