騎士が銘柄選びをエスコート! ベルギービールを家飲みで味わうならこの5本

ベルギービール普及の貢献を讃えられ、本国から「ベルギービール名誉騎士」の称号を与えられた三輪一記さんに、ベルギービールを知るにふさわしい5銘柄をお聞きしました!

ライター:長谷川小二郎長谷川小二郎
メインビジュアル:騎士が銘柄選びをエスコート! ベルギービールを家飲みで味わうならこの5本
「ベルギーと言えば?」と聞かれて「ビール!」と答える人はだいぶ増えているのではないだろうか。1980年代から輸入されるようになったベルギービールは、メディアなどで大々的に取り上げられることはあまりなかったが、イベント参加者数が増加の一途をたどっていたり、世界的なクラフトビールのうねりの中で改めて注目されるようになったりと、日本でも浸透を続けている。そのベルギービールの魅力を改めて解説し、それがよく分かる銘柄5本を紹介する。
 

そもそもベルギービールとは?

ひと言でいえば「ベルギーでつくられているビール」のこと。しかし、四国の1.6倍の面積に人口1000万人が住むこの国には、実に1500ものビールの銘柄があり、それぞれの特徴は「甘く濃厚」「酸っぱい」「さまざまなフルーツの香り」「苦い」といったさまざまな特徴がある。しかもそれらは融合・混在していることがしばしば。めくるめくビールの世界が広がっているのだ。

ビールのイメージとして、金色の液体と盛り上がった泡がジョッキに注がれているものをよく見かける。しかし「クラフトビール」以上に、ベルギービールではこうした一つのイメージはそぐわない。ベルギービールは多様なビールの集合体なのだ。

そうした特徴は、TPOによって選び分けたり、温度や熟成期間を変えたり、合わせる料理を工夫したりするのに十分な多様性を持っている。さらに多様性はビールそのものだけでなく、ラベルや王冠のデザインの由来や、専用グラス・コースターがいろいろあることにまで及んでいる。
 

今回銘柄を推薦してくれるのは「ベルギービールの騎士」

今回、ベルギービールの銘柄を選んでくれるのは、名古屋を拠点にベルギービールの輸入・販売を手掛ける木屋の代表取締役社長である三輪一記さん。三輪さんは今年9月に、ベルギーの醸造家による名誉団体である「ベルギービールの騎士団」から「ベルギービール名誉騎士」に叙任された。輸入・販売や書籍『ベルギービール大全』 『ベルギービール大全<新>』の共著、日本ベルギービール・プロフェッショナル協会での教育事業によって、日本でのベルギービールの普及の功績を讃えられた形だ。

ちなみに、「ベルギービール騎士」はビール醸造家に、「ベルギービール名誉騎士」は醸造家以外でベルギービールに関して特別な貢献をした人に授けられる。後者は、日本では三輪さんのようにベルギービールの輸入や広報を務めた人のほか、実は熱烈な愛飲家でブログやツイッターで取り上げてきた作家の池井戸潤、日本・ベルギー友好議員連盟会長の林芳正参議院議員、ベルギーのテレビ番組で「ムール貝ちゃんこ」を披露した元大関栃東の玉ノ井親方がいる。
ベルギーの首都ブリュッセルで「ベルギービール名誉騎士」の叙任を受ける三輪さん
ベルギーの首都ブリュッセルで「ベルギービール名誉騎士」の叙任を受ける三輪さん
ベルギーの首都ブリュッセルで「ベルギービール名誉騎士」の叙任を受ける三輪さん

好みに合った銘柄を探すために知りたい9つの分類

前述の通り、ベルギービールは銘柄ごとにさまざまに異なる特徴がある。だけれども、これから示す大まかな分類は存在し、それを利用すると効率よく自分の好みの銘柄を探せる。「同じ分類の中でも銘柄ごとに違いがあるのだから分類に大した意味はない」という話もあるが、そうなると逆に1500銘柄をすべて試さなければ好みにありつけないことになり、非現実的だ。便利な道具として、三輪さんが推奨する下記を使ってみよう。
三輪さんが経営する、さまざまなベルギービールを取り扱う「BEER BOUTIQUE KIYA」(名古屋)
三輪さんが経営する、さまざまなベルギービールを取り扱う「BEER BOUTIQUE KIYA」(名古屋)

ホワイト
大麦麦芽、生の(製麦しない)小麦のほかに、オレンジピール(皮)やコリアンダー(種)を使う。

ランビック
一般的な培養した酵母ではなく、空気中に浮遊している野生酵母や微生物を利用した自然発酵による。強い酸味と、「馬小屋」と例えられる独特の香りが特徴。

セゾン
ベルギー南部で主につくられる。もともと農家が冬に仕込んで夏に飲むまで貯蔵していたため、ホップを多く使うなどの長持ちさせる工夫がされている。

レッド
ベルギー北西部でつくれる、爽やかな酸味が特徴のビール。赤大麦という変わった麦を使うため、色は赤茶色になる。発酵後、木樽で2年ほど熟成させる。

ブラウン
古いビールに新しいビールをブレンドして二次発酵させるため、甘酸っぱいなど独特の味わいがある。

トラピスト
修道院内に醸造所を持つ、トラピスト会の修道院でのみつくられる。この名称を使うことが許されているのは世界でわずか12で、そのうち6カ所がベルギーにある。味わいは銘柄によってさまざま。

アビイ
一般的には、修道院から委託を受けて一般の醸造所でつくられるビールのこと。トラピストビールに近い味わいを持つ銘柄が多くある。 ゴールデン マイケル・ジャクソンによって名付けられた、フルーティーでアルコール度数の高い金色のビール。

スペシャル
下記ピルスナー以外の上面発酵および自然発酵でつくられたベルギービールのこと。今回の分類法では、上記九つのカテゴリーに含まれないものすべてを指す。

ピルスナー
1842年にチェコのプルゼニュで生まれて今や世界の消費の9割以上を占める、淡色ラガー。ベルギーでは「ピルス」と呼ばれ、国内消費量の7割がこれ。  

これらの分類を使えば、実際に飲んでみる前にどのような特徴があるのかが、大まかには分かる。銘柄を選ぶ際の参考にしよう。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめのベルギービールはこちら!