花見のつまみは全部「もなか」に詰めちゃえ! アテもなかのご提案《イエノミ歳時記③》

桜の蕾がぷくぷくっとふくらんで、いよいよ春がやってきましたね。この週末あたりから花見の予定が入っているという方も多いのではないでしょうか。さて、前回のコンビニ花見弁当に続きお花見ネタです。家で詰めていく弁当とは真逆の、花見の場で仕上げるタイプのアテをご提案。

ライター:泡☆盛子泡☆盛子
メインビジュアル:花見のつまみは全部「もなか」に詰めちゃえ! アテもなかのご提案《イエノミ歳時記③》

使うのはコレ!

和菓子でおなじみ、「もなか」の皮
和菓子でおなじみ、「もなか」の皮でございます。

以前、皮と餡がセパレートになったもなかを買ったことがあり「この皮だけ売っているなら、中に詰めるのは餡以外のものでもいいのでは?」と思いついたのがはじまり。その時は一般的な大きさの皮にポテサラなどを詰めて楽しみました。

今回は、花見の席でぱくっとつまめる小さなサイズをネットでお取り寄せ。(ちなみに100枚入りで1500円強でした。「もなかの皮」などで検索するといろんなショップが出てきます)
直径3.5cmほど。皮自体には甘さはなくてサクッと香ばしい、いわば“和風クラッカー”。
直径3.5cmほど。皮自体には甘さはなくてサクッと香ばしい、いわば“和風クラッカー”。
皮とフィリングを別々に持参してその場で各自好きなものを好きなだけ詰めてもらうというスタイルはきっとインパクト大。皮を多めに持っていけば、ほかの人が持ち寄ったアテを詰めて新しい味が生まれるなんて楽しみ方もできますよ。

いざ、アテもなかの世界へ!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!