餃子研究家・橘田いずみさんオススメ! 市販の餃子が3倍美味しくなる手作りだれ

ビールといえば餃子、ハイボールにも餃子、チューハイにもやっぱり餃子。とにかく夏の暑い日にはゴクゴク飲めるお酒と餃子があれば、それだけで幸せになれます。そして、「あー、餃子が食べたい!」と思った時にすぐ食べられるのが市販の餃子。焼くだけ、ゆでるだけ、チンするだけ!そんな市販の餃子をおいしくしてくれる簡単つけダレをご紹介します。
教えてくれるのは声優であり「餃子研究家」としても知られる橘田いずみさん。レシピ本も出版や餃子の料理教室を開催するなど、プロ顔負けの腕を持つ橘田さん直伝のタレを、編集部が再現してみました!

ライター:nonnon
メインビジュアル:餃子研究家・橘田いずみさんオススメ! 市販の餃子が3倍美味しくなる手作りだれ

この人に聞きました!

橘田いずみさん

声優・餃子研究家 薬膳アドバイザー2008年から声優活動を開始。数々の人気作品に出演。餃子研究家としても雑誌、テレビ、などのメディアやイベントで活躍中。

橘田いずみさん

肉のうまみたっぷりの餃子を引き立てる【レモンこしょうだれ】

橘田:酢とこしょうで餃子を食べるのが一般的になりましたが、夏よりさっぱり、柑橘の香りもさわやかな「レモンこしょう」を試してほしいですね。合わせる餃子は肉のうまみが感じられるガツンと系。市販のものならセブンイレブンの「あらびき黒こしょう香る 焼き餃子」がイチオシです。レンジで温めるだけなのに本格的な焼き餃子の味わいが楽しめます。セタレがいらないくらいしっかり味がついているので、レモンこしょうだけで十分です。
冷凍の餃子や生餃子を買ってきて焼く場合には、焼き目をつけて香ばしさを出すのポイントです。

レモンこしょうだれの材料

材料

  • レモン汁 大さじ1
  • 大さじ 1
  • こしょう 適量
レモンこしょうだれで餃子を食べる

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!