歩いて楽しむ酒⑦バーボンTOPブランド『ジムビーム』

歩いて楽しむバーボン第4弾。ビームサントリー社の基幹商品『ジムビーム』の蒸溜所を訪れました。

メインビジュアル:歩いて楽しむ酒⑦バーボンTOPブランド『ジムビーム』
キュートなローラさんのコマーシャルでおなじみの『ジムビーム』は、ケンタッキー・ストレートバーボンを代表するウイスキーです。甘く華やかな香り、すっきりした飲み口の『ジムビーム』の生まれ故郷は、緑豊かな大草原のなかにありました。
 

これぞアメリカ「ジムビーム・アメリカン・スティルハウス」

むかし、人気テレビドラマ「大草原の小さな家」で見たような延々と牧場が続く道を走ること30分。ようやくジムビーム蒸溜所の案内看板が見えました。案内にしたがって進むと、遠くに白い壁に「Jim Beam」と書かれた小屋が見えてきました。思わず正面に回ってカメラストップ。広々とした草原にポツンとある小屋は絵になり、記念写真をしたくなります。
素朴で古き良きアメリカを感じさせるウェアハウス
素朴で古き良きアメリカを感じさせるウェアハウス

まもなく「アメリカン・スティルハウス」と命名されたゲストハウスに到着。アーリーアメリカン風の建物の前には、ジムビームの中興の祖といわれるCOLONEL JAMES B. BEAM(ジム・ビーム)氏の銅像がありました。恰幅のいい体躯で、颯爽とハットを投げようとする姿は迫力満点、ひ孫にあたり現在のマスターディスティラー フレッド・ノウ氏を髣髴とさせます。
ジム・ビーム氏は禁酒法が終わると120日間で蒸溜所を建設、『ジムビーム』の製造を開始。以来トップを守り続けている
ジム・ビーム氏は禁酒法が終わると120日間で蒸溜所を建設、『ジムビーム』の製造を開始。以来トップを守り続けている

厳選したコーンをオリジナルの酵母で醸す

ガイドツアーは参加料14ドル。専用バスで工場を巡り試飲もできます。10時からの回に参加したのは20人ほどでしたが、9時半にゲストハウスに到着した時には、すでに中に大勢の人がいて人気の高さがうかがえました。確実に参加するにはネットで予約していくことをおすすめします。
https://www.jimbeam.com/en-us/visit-us/book-a-tour

バスに乗り込んで最初に醸造&蒸溜棟を見学します。 最初の部屋は原料のコーン・ライ麦・モルトの説明から始まります。どの素材も手にとることができるようになっています。

次は酵母の説明です。大きな桶にコーンスープのような色の液体が入っていますが、酵母を培養した発酵液です。酵母はジムビーム独自のもので、昔から使い続けてきたものだそうです。穀物を細かく砕いて煮沸、モルト由来の糖化酵素で澱粉を糖に変えて、適温に冷まして酵母を培養します。
専用の大型バスで見学ツアーに出発
専用の大型バスで見学ツアーに出発
バーボンの原材料を前にガイドが説明を始めた
バーボンの原材料を前にガイドが説明を始めた
原材料の説明が終るとたらい桶に入った黄色味を帯びた粥状の液体を引っ張り出す。これが酵母を培養した発酵スターター
原材料の説明が終るとたらい桶に入った黄色味を帯びた粥状の液体を引っ張り出す。これが酵母を培養した発酵スターター
実際の酵母の培養タンクはこのサイズ
実際の酵母の培養タンクはこのサイズ

酵母の説明が終ると次の工程は発酵です。この工場で使っているのは大きなステンレス製の発酵タンクです。たくさんのタンクが並んでいました。コーン・ライ麦・モルトを破砕して煮沸して糖化液にした後、適温に冷まして培養した酵母を投入すると発酵が始まります。

その先には2種類の小さな蒸溜器が展示されています。バーボンの蒸溜に欠かせないビアスティルという連続式蒸溜器の小型のものと、仕上げの精溜に使う単式蒸留器のダブラーです。このサイズは特別なバーボンを蒸溜する時に使用しているのではないでしょうか。一般品の製造にはもっと大型の蒸溜器が使われています。
密閉式のステンレス発酵タンクが並んでいた
密閉式のステンレス発酵タンクが並んでいた
小型のビアスティル(連続式場蒸溜器)
小型のビアスティル(連続式場蒸溜器)
丸みを帯びた瓢箪のような形状のダブラー。ビアスティルで得た蒸留液を精溜する
丸みを帯びた瓢箪のような形状のダブラー。ビアスティルで得た蒸留液を精溜する
一般製品の蒸溜で使われているのはこの大きな蒸溜器
一般製品の蒸溜で使われているのはこの大きな蒸溜器
  • 1現在のページ
  • 2

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!