歩いて楽しむ酒⑥ バーボン蒸溜の仕組みを学ぶ、フォアローゼズ蒸溜所

歩いて楽しむバーボン第3弾。フォアローゼズ蒸溜所を訪れました。

メインビジュアル:歩いて楽しむ酒⑥ バーボン蒸溜の仕組みを学ぶ、フォアローゼズ蒸溜所
ワイルドターキー蒸溜所の見学を終えると、急いでフォアローゼズ蒸溜所に向かいました。車で15分ほどとごく近くです。到着したのは17時前でガイドツアーは終了していましたが、ゲストハウス&ショップだけは見られるだろうと思ってやってきたのです。ところが予想に反して工場のなかも自由に見ることができ、よくわからなかったバーボンの蒸溜の仕組みを知ることができました。
 

おしゃれで上品なゲストハウス

フォアローゼズ蒸溜所はコンパクトにまとまり上品な雰囲気でした。立派な石造りの門を抜け、駐車場に車を停めて歩いてゲストハウスに向かいます。クリーム色な壁に赤い4つのバラが描かれたゲストハウスはオシャレで女性的、ワイルドターキー蒸溜所が男性的で力強い感じだったので、コントラストが際立ちました。
リゾートホテルのようなフォアローゼズ蒸溜所の入口
リゾートホテルのようなフォアローゼズ蒸溜所の入口
やさしい雰囲気の建物が並ぶ
やさしい雰囲気の建物が並ぶ
女性的で上品なビジターセンター。受付とショップがある
女性的で上品なビジターセンター。受付とショップがある
ビジターセンターの中も落ち着いた雰囲気でした。でも展示は自社のウイスキーをしっかりアピールする骨太の内容です。まず、原材料の「コーン」「ライ麦」「麦芽」が瓶に詰められ、実際に手で触れることができるようになっています。

そしてカウンターにはバーボン蒸溜の心臓部である連続式蒸溜器(ビアスティルと呼ばれる)の断面模型があります。原料の穀物の発酵液を加温し、下の段から蒸溜を繰り返して、香気成分は上に上に登って行きます。上に行くほど香気成分の純度は上がり最終的には純アルコールになりますが、バーボンは蒸溜時のアルコール度数が80度以下と定められており、どこまでアルコール純度を高めるかは目指すバーボンの酒質によって変わります。

また模型の右下側にタンクを伏せたような形の単式蒸溜器が見えますが、これが連続蒸留した蒸溜液の精留で使用するダブラーと呼ばれるものです。
レストランバーのようなオシャレな受付カウンター
レストランバーのようなオシャレな受付カウンター
バーボンの原料が展示されていた
バーボンの原料が展示されていた
連続式蒸溜器(ビアスティル)の断面図。右下にあるのは仕上げの蒸溜に使うダブラーという蒸溜器
連続式蒸溜器(ビアスティル)の断面図。右下にあるのは仕上げの蒸溜に使うダブラーという蒸溜器
ブランドのシンボルである4輪の赤いバラ
ブランドのシンボルである4輪の赤いバラ
  • 1現在のページ
  • 2

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめのバーボンはこちら!