歩いて楽しむ酒④ ケンタッキー・バーボントレイル

アメリカのウイスキーと言えばバーボン。トウモロコシを主原料とするこの酒を訪ねて、バーボン・フェスティバルが開催されている秋のケンタッキー州を訪ねました。

メインビジュアル:歩いて楽しむ酒④ ケンタッキー・バーボントレイル

バーボンの故郷ケンタッキー

ケンタッキー州がアメリカのどのへんにあるかご存知でしょうか? 毎年5月の第一土曜日に開催されるケンタッキーダービーには世界中から着飾ったセレブが集い、バーボンウイスキーの最大の産地として有名なこの州は、アメリカ中東部にあります。
日本からはシカゴ経由になることが多い
日本からはシカゴ経由になることが多い
ケンタッキーダービーの会場となる競馬場。併設されたミュージアムも楽しい
ケンタッキーダービーの会場となる競馬場。併設されたミュージアムも楽しい
見学ツアーに参加すると競馬場の中にも入れる
見学ツアーに参加すると競馬場の中にも入れる
ケンタッキーダービーのオフィシャルカクテル「ミントジュレップ」。ベースはもちろんバーボンウイスキー
ケンタッキーダービーのオフィシャルカクテル「ミントジュレップ」。ベースはもちろんバーボンウイスキー
故郷ゆえのくつろぎか。サンダースおじさんは座っていました
故郷ゆえのくつろぎか。サンダースおじさんは座っていました

いまアメリカではバーボンの人気が急上昇しています。1970年代にウォッカなどのホワイトスピリッツが、バーボンの消費量を上回り白色革命と言われました。ところが近年はバーボンが絶好調、大ヒットしたテレビドラマで主人公がかっこよくバーボンを飲むとユーザーの裾野が広がり、世界的なウイスキーコンテストでバーボンが高評価を獲得して高級品が注目されるようになったのだと言います。

好調な消費を受けてバーボン産地が活気づいています。ケンタッキー州の北部、9つのバーボン蒸溜所を巡る観光プログラム「ケンタッキー・バーボントレイル」は、毎年50万人以上が参加、スタートしたのは1999年でしたがじわじわ人気が出てきてました。すべての蒸溜所を訪問してスタンプを押してもらうと、記念にオリジナルTシャツがもらえます。人気ぶりに蒸溜所は見学ツアーをブラッシュアップしたり、ショップを充実させたりする動きが広がり、新たな集客につながる好循環が生まれています。
バーボンの蒸溜所間の距離が離れているので車やオートバイで巡る。皆、バーボンを試飲してそのまま運転していってしまう
バーボンの蒸溜所間の距離が離れているので車やオートバイで巡る。皆、バーボンを試飲してそのまま運転していってしまう
日本の御朱印帳のように訪問すると蒸溜所でサインしてくれる
日本の御朱印帳のように訪問すると蒸溜所でサインしてくれる

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめのバーボンはこちら!