ソムリエが舌で、香りで探る。チョコ × お酒のベストペアリング

もうすぐバレンタイン。今流行りのBean to Barチョコレートの味わいタイプ別に、それに一番合うお酒を提案します。

メインビジュアル:ソムリエが舌で、香りで探る。チョコ × お酒のベストペアリング
今年もやってくるバレンタイン。ここ数年ショコラ界でトレンドとなっているのが、カカオ豆の選別から焙煎、チョコレートづくりまでを自社で一貫して行うBean to Barチョコやスペシャリティチョコです。チョコレート専門店だけでなく、コンビニやスーパーなど身近なところでも、カカオそのものの味や香りの違いを楽しめるチョコレートを見かけるようになってきました。

今回は、そんなBean to Barチョコレートに注目し、その代表的な味わいタイプ別にそれに合うお酒をご提案。ソムリエの資格をもち、本サイトの「バイヤーズレポート」でも執筆を担当している青田俊一さんにチョコレート×お酒のベストペアリングを探っていただきました。

■基準にするチョコレートは、「明治 ザ・チョコレート」シリーズ
高級チョコマニアも一目置く本格的な香り、味わい、舌触り、コンビニでも買える手軽さを実現した国民的Bean to Barチョコレートです。
「明治 ザ・チョコレート」シリーズ
今回はこのシリーズの中から5種類のテイストをセレクトしました。

「エレガントビター」・・・果実味のあるチョコレート。カカオ70%
「ベルベットミルク」・・・ミルク感の強いチョコレート。カカオ51%
「ジャスミンティー」・・・フローラル系のチョコレート。カカオ50%
「コンフォートビター」・・・ビターで深みのあるチョコレート。カカオ70%
「フランボワーズ」・・・ベリーフレーバーのチョコレート。カカオ47%

 

果実味のあるチョコ × ダークラム

明治 ザ・チョコレート「エレガントビター」とダークラム
明治 ザ・チョコレート「エレガントビター」とダークラム
青田 カカオ成分が70%と高めの「エレガントビター」は、カカオ由来の果実味が存分に味わえるチョコレート。ビターなテイストの中に少し酸味もあるので、これがラムのほんのりとした甘さと相性が良い。おすすめは、まずお酒を口に含んだ状態で、チョコをひとかじりすること。カカオとラムの芳醇なペアリングを、口の中でゆっくり時間をかけて楽しんでほしいです。

 

ミルク感の強いチョコ × 黒ビール

明治 ザ・チョコレート「ベルベットミルク」とギネスビール
明治 ザ・チョコレート「ベルベットミルク」とギネスビール
青田 黒ビールは麦芽を焙煎して作るのでコーヒーのような香ばしさがあって、チョコレート全般に合うんですよ。なかでもギネスは泡立ちがクリーミーで口当たりもマイルドなので、優しいミルク系のチョコがぴったり。ミルク系だったら高級チョコレートに限らず、チロルチョコなんかでもすんなりハマると思いますよ。ギネスよりももっと焙煎が深めの黒ビールには、高カカオなチョコを選ぶのがおすすめです。
  • 1現在のページ
  • 2