〈週末チャレンジ①〉ビールがすすむソーセージを手作りしよう!

初めてのソーセージ作りは、想像以上の長く険しい道のりに。でも、作り立てをビールと一緒に頬張ったときの美味しさは感動ものでした!

ライター:千鳥子千鳥子
メインビジュアル:〈週末チャレンジ①〉ビールがすすむソーセージを手作りしよう!
市販されているものを買うのが当たり前となっている、あんなおつまみやこんな酒の友。実は家で手作りできるものも意外とあるんです。ただし、それには時間と手間と根気が必要。でも仕事も家事も家飲みも「時短」ブームの昨今だからこそ、オフの日くらいはあえて「わざわざ手間ひまかける」ことで、料理する時間そのものを楽しみ、その先でしか享受できない美味しさを味わいたいと思ったのです。

その第1回目としてチャレンジするのは「ソーセージ作り」。パリッと歯ざわりが良くジューシーで、ビールがグビグビすすんでしまう…。そんな完璧なソーセージの完成イメージが頭の中に出来上がったところで、早速レッツトライ!

調理の前に、必要なものを揃えます

今回ソーセージを作るにあたっては、Amazonレビューでも「丁寧でわかりやすい」と評判の良いこの本に指南役を務めてもらいました。家庭科の教科書のような素朴な装丁がいかにも実用書という感じで信頼できます。
 
『遊び尽くし 手づくりハム・ソーセージ (Cooking & home made―遊び尽くし)』
松尾 尚之(1997) 創森社


この本を読んでもわからないことは、様々なネット情報を寄せ集めて参考にしました。

次にソーセージ作りに必要な道具がこちら。
ソーセージ作りに必要な道具
ひき肉をこねるときに使う大きめのボウル、調味料やスパイスを量るはかり、腸にひき肉をつめるためのしぼり出し袋と口金、できたソーセージを茹でる大きな鍋、ソーセージ内部の温度も計れる先が針状になった食品用温度計、計量カップ、マチ針、調理用手袋、あと今回は結局使いませんでしたがタコ糸も必要であれば。

道具を揃えたら、次は材料を揃えます。

まずは主役の豚ひき肉です。本によるとひき肉は精肉店で挽いてもらった新鮮なものが良く、赤身と脂身の理想のバランスは7:3で、なおかつ挽くのは1回だけ。作りやすい分量は1kgだそうです。近所のお肉屋さんでソーセージを作りたいと伝え、本の教えの通りに豚肉を1㎏挽いてもらいました。
豚肉を1㎏挽いてもらいました
赤身7:脂身3の割合で挽いてもらった豚肉
きれいなピンク色で、粗挽きです。肉屋のおじさんいわく、「さつまいもとハーブを食べて育った豚だから、絶対美味しいソーセージができるよ」とのこと。そんなお墨付きをもらったからには失敗できません。気が引き締まります。

次は、肉を詰める羊腸を用意します。デパートや大きめのスーパーのスパイスコーナーにも置いてあるそうですが、私はAmazonで取り寄せました。Amazonの商品情報には4mの長さの腸で1kgの肉を詰めるのにちょうど良いと書いてありますが、本には1kgの肉を詰めるには羊腸約10m必要とも書いてあります。迷った末、とりあえず4mのもの(740円)を2本購入することにしました(これは後で分かったのですが、腸の口径によっても肉を詰めるのに必要な長さは変わってくるので、長めに買っておいたほうが良いです)。こんな風にロール状になって塩漬けされています。
袋入り羊腸
ロール状になっている
そして、ひき肉に混ぜ込む材料を用意します。肉1㎏に対し、塩は16~17g、砂糖6g、つなぎの役割をする卵1個と牛乳少々。味の決め手となる基本のスパイスは、白コショウ3g、ジンジャーパウダー2g、ガーリックパウダー1g、ナツメグパウダー1g、ローレルパウダー1g。さらにおろし玉ねぎ20gと氷水50ccも用意します。
基本のスパイス
基本のスパイス
シンプルなノーマルバージョンのソーセージの他に、今回はホットチリ系とペッパー&ハーブ系のアレンジバージョンも作ってみたかったので、チリペッパーと粗挽きコショウ、乾燥バジルも用意しましたが、ここは皆さまのお好みのハーブやスパイスで。
アレンジバージョン用の追加スパイス
アレンジバージョン用の追加スパイス
道具と材料が揃ったら、いよいよソーセージ作りを開始します。今回筆者が作るのはボイル(茹でる)ソーセージ。お店によくある表面が茶色のソーセージは、生ソーセージを茹でる前に乾燥+燻製の工程を入れたものなんだそうですが、今回はなにしろ初めてのソーセージ作りなのでシンプルにボイルで。その代わりに、茹でたソーセージを少しフライパンで焼いたのも作ってみたいと思います。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3