日本ワインの礎マスカット・ベーリーA~川上善兵衛の夢を継ぐ者たち①

注目度は高まるばかりの「日本ワイン」。日本独自のブドウ品種「マスカット・ベーリーA」が農村を豊かにするブドウと言われる理由は?

メインビジュアル:日本ワインの礎マスカット・ベーリーA~川上善兵衛の夢を継ぐ者たち①

盛り上がる日本ワイン

日本のワインの消費量は36.4万KL(2017年)。ポリフェノールの健康効果が話題となり赤ワインが一大ブームとなった20年前の約1.5倍に伸長し、酒類全体に占める割合も4.3%まで高まりました。輸入ワインが国内の流通量の7割弱を占め主流ではありますが、近年は日本ワイン(国産ブドウを原料として国内で醸造・瓶詰めしたワイン)が注目されています。北海度や長野をはじめ全国各地に新しいワイナリーが次々に誕生し、「日本ワイン」という呼称が法律で定義されました。ボリュームはまだ国内で流通するワインの4.1%しかないものの、GI山梨やGI北海道など地理的表示制度を整え、ワインの本場EUに輸出する際にも表示できるようになった産地も出ています。
日本ワイン祭り
日本ワイン祭り
日本ワインの人気は年々高まっている。4月12日~14日に日比谷公園で開催された「日本ワイン祭り」は、ポカポカ陽気の好天に恵まれ大勢の人が来場した

日本ワインを特徴づけるマスカット・ベーリーA種

日本独自のブドウ品種では白ワイン用では甲州種が、赤ワイン用ではマスカット・ベーリーA種がOIV(国際ブドウ・ワイン機構)に品種登録され、欧州でも品種を表示できるようになりました。マスカット・ベーリーA種は岩の原葡萄園(新潟県上越市)を創業し、日本のワインブドウの父と言われる川上善兵衛氏が生涯をかけて交雑したブドウです。

日本ワインの品質向上を目指して2003年にスタートした日本ワインコンクール(Japan Wine Competition)は、今年で17回目、最大かつ唯一の日本ワインのコンテストです。日本ワイナリー協会や日本ソムリエ協会、各県のワイン酒造組合などで構成する実行委員会が主催し、昨年は12の部門に787点が出品されました。

このコンテストの出品数を部門毎に見ると、日本ワインを特徴づけるのがマスカット・ベーリーA種であることがわかります。出品数がもっとも多い部門はシャルドネ種やソーヴィニョン・ブラン種など欧州系のブドウを使った白ワインの部門で147点ですが、マスカット・ベーリーA種のワインが対象となる国内改良等品種の赤ワイン部門は142点と肩を並べています。そしてこの部門で入賞した59点のうち、主としてマスカット・ベーリーA種を使っているワインは49点、およそ8割を占めています。日本ワイン、特に赤ワインはこの品種を抜きに語れません。
日本ワインコンクール2018年出品と入賞状況
国内改良品種の赤の部門に出品されたワインのほとんどがマスカット・ベーリーA種

また、同じく日本の固有種としてOIVに登録されている甲州種は136点が出品されています。この品種の特徴は95%以上が山梨で栽培されている点で、マスカット・ベーリーA種が全国で広く栽培されている(山梨58%、山形16%、長野7%、その他19%)のと対照的です(国内製造ワインの現況2017年年度調査分 国税庁)。
  • 1現在のページ
  • 2

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!