キンミヤはなぜこんなに愛される? 人気のヒミツを探ってみました

キンミヤをこよなく愛する酒場案内人の塩見なゆさんに、その魅力についてお聞きしました。

ライター:nonnon
メインビジュアル:キンミヤはなぜこんなに愛される? 人気のヒミツを探ってみました
サワーやホッピーのベースとして飲まれ、よくも悪くも味の特徴がないといわれる甲類焼酎の中で、独自の立ち位置を確立している「キンミヤ焼酎」。マニアな酒飲みから、若者や女性までその名前は広く知れ渡り、今やブランドと化しています。なぜキンミヤが支持されているのか? ほかの甲類焼酎と何が違うのか? 365日酒場に通い、日本一キンミヤを飲んでいるに違いない(!?)酒場案内人、塩見なゆさんにキンミヤの魅力と美味しい飲み方についてお聞きしました。

魅力的な酒場には必ずキンミヤがあった

新宿思い出横町のカブト
新宿西口の思い出横丁にあるうなぎの「カブト」も塩見さんの行きつけのお店のひとつ
ー塩見さんがキンミヤを知ったきっかけから教えてください。

塩見 両親は酒場で出会って結婚したというほどのお酒好きなので、家にもいろいろなお酒が常備されていまして、その中に「キンミヤ」もありました。私にとってなじみのあるお酒と言いますか、両親が好んで飲んでいるからきっといいお酒なのだろう思っていました。大人になって酒場に行くようになり、「いいお店だな」と思うお店には必ずキンミヤがあったというのも、キンミヤ好きになった理由のひとつですね。

ーいいお店にはキンミヤがある…そう感じる理由はどのあたりにあると思いますか?

塩見 これはお酒に関わる仕事をするようになって知ったのですが、宮崎本店さんは「上場している企業のお店にはキンミヤは卸さない」というこだわりがあるそうです。大手チェーンの居酒屋でキンミヤを見かけることはほとんどありませんよね。その理由について宮崎本店の営業さんにお聞きしたところ「人気だからという理由で扱っても、もしブームが去ってしまったら引き上げられてしまうこともある。キンミヤの良さ知って長くお付き合いできるところに卸したい」と。大人気になった今でもこのポリシーを貫いているそうです。 また、お値段が他の甲類焼酎よりやや高めなので、お店の方でも、ホッピーやサワーのベースにキンミヤを使っているとアピールしたくなるんじゃないですかね。特別な甲類焼酎というイメージがついたのは、こうした背景もあると思います。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3