和+スピリッツ!? ニッポンの新しいスピリッツを飲んでみた。

日本の麹文化でカクテルベーススピリッツを。世界へ向けて新たなカクテル文化を発信する日本の新しいスピリッツとは一体?

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:和+スピリッツ!? ニッポンの新しいスピリッツを飲んでみた。
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします!
 

世界に向けて新しいカクテル文化を発信するスピリッツ


みなさんはスピリッツといえば何を思い浮かべますか?ほぼ100%の方が、世界4大スピリッツのジン、ウォッカ、テキーラ、ラムの4つのうちのどれかを思い浮かべるのではないでしょうか。私もそうでした、このスピリッツに出会うまでは。それが今回ご紹介する「TUMUGI」です。
 
TUMUGI

「TUMUGI」はいいちこでおなじみの三和酒類が造るスピリッツです。ポイントは“麹”を使ったスピリッツであるということ。“麹”というと甘酒に入っているあれですよね、くらいの認識の方が多いかもしれませんが、味噌や醤油、酢、日本酒、焼酎、漬物などなど、日本の発酵食品の製造過程には欠かせない菌です。そんな麹菌ですが実は日本にしか存在しません。アジアには中国の紹興酒やインドネシアのテンペのような発酵食品がありますが、こちらはクモノスカビ菌という麹菌の親戚みたいな菌によるもの。発酵についてさらに詳しいことを知りたい方は、発酵デザイナーの小倉ヒラク氏の著書「発酵文化人類学」を読んでいただくとして、とにかく“麹”はスゴイということがお分かりいただければ何よりです。ちなみにこの麹菌は日本の“国菌”として認定されております。

で、なぜ三和酒類がこの“麹”を使ってスピリッツを開発したかというと、日本独自の麹を使って造るお酒に興味を持ってもらいたい、将来この麹で造ったお酒が世界の4大スピリッツにならんで5大スピリッツになって欲しいという願いからだそうです。日本のバーテンダーには世界で活躍されている方もたくさんいらっしゃるのですが、カクテルを作るのに使うのはもちろん先述の4大スピリッツ。海外のコンテストなどで日本のお酒について聞かれても、実は日本のバーテンダーの多くは意外にも日本のお酒について詳しくはなかった。それで日本のお酒を改めて見直そうということになり、日本の蒸留酒の代表である焼酎に着目。焼酎について学んでいく中で分かってきたのが“麹”の存在。その“麹”を使い、カクテルベースとなる日本らしいスピリッツとして生まれたのがこの「TUMUGI」です。結果、国際的なバーテンダーのコンテストでもこのTUMUGIを使ったカクテルが賞を獲得するようになり、4大スピリッツの次、5番目のスピリッツとまで言われるようになっています。

と、薀蓄はこれくらいにして、お楽しみの試飲タイムにいってみましょう。
  • 1現在のページ
  • 2