缶コーヒーでビールをアレンジ! ビアブラックボールを作ってみた。

コーヒーとお酒って意外と合うことをご存知でしょうか? そんなお酒とコーヒーを使ったレシピから、ビールをコーヒーで割った「ビアブラックボール」をご紹介。缶コーヒーで手軽に作れる味わいはいかに?

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:缶コーヒーでビールをアレンジ! ビアブラックボールを作ってみた。
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回はビールをコーヒーで割った“ビアブラックボール”という飲み方をご紹介します。

UCCブラック無糖でつくるブラックボール

おうち時間がたっぷりある昨今ですが、いつも同じ家飲みで飽きていませんか? 私は正直少し飽きました。なので、どうしたら家飲みに新たな楽しみを見出せるかを画策している毎日でございます。

そんなわけで今回は、身近で入手できるものを使って、家飲みのクオリティを上げる手軽で簡単な飲み方アレンジをご紹介したいと思います。

今回は諸般の事情がありまして、UCCの商品を使った簡単アレンジレシピをご紹介したいと思います。UCCといえば代表商品は「UCC BLACK無糖」。スーパー、コンビニ、自販機などなど、だいたいどこでも売っているあの缶コーヒーです。

UCC BLACK無糖は昨年25周年を迎えたUCCを代表するロングセラー商品なわけですが、最大の特徴は香料無添加という点。純粋にコーヒーの香りが楽しむことができるので、お酒との親和性も高いというわけです。
UCC ブラック無糖
コーヒーを使ったお酒というと泡盛のコーヒー割が有名ですが、このUCC BLACK無糖を使ったレシピが手軽で本格的ということで、数年前から密かに話題になっています。

泡盛ブラックボールという飲み方で、作り方は泡盛1に対しUCC BLACK無糖がざっくり3という超お手軽レシピ。豚の角煮のようなこってりした料理との相性が良く、ぜひお試しいただきたい飲み方です。

とはいえ家に泡盛を常備している方は少ないですよね。それでは手軽とは言い難いと思いますので、今回はもっと身近なお酒、ビールをアレンジしてみたいと思います。こちらはビアブラックボールという飲み方になります。
ビアブラックボール
レシピは簡単。ビールをUCC BLACK無糖で1:1で割るだけです。

というわけで早速作ってみましょう。用意するのはお好きなビールとUCC BLACK無糖とグラスだけ。グラスは飲み口が薄いもののほうが口あたりが良いのでおすすめです。

まずは先にコーヒーを注ぎます。グラスの4割くらいのところまで。
ビアブラックボール
そしてビールを注ぎます。今回はスーパードライを使いました。見た目的には褐色系のビール、さしずめドイツのデュンケルのような色合いになりました。

で、味わいはどうかと言いますと、見た目の印象どおりでデュンケルっぽいです。コーヒーのロースト感が、デュンケルのロースト麦芽の味わいとリンクします。

ただコーヒーで割った分、口当たりは軽く、アルコールも低いのでドイツの濃色系ビールと比べるとずいぶんドリンカブルです。一言で表現するとライトな黒ビールといった感じでしょうか。

なのでベーコンとかソーセージのような加工肉との相性が良いと思います。個人的にはスパイスカレーに合わせたいです。

コーヒーは他にもラムや焼酎など、意外と合うお酒は多々ありますので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。UCC BLACK無糖なら手軽に楽しめます。

おまけでマスカットティーを使ったレシピ

とUCC BLACK無糖の宣伝をしっかりとさせていただきましたが、コーヒーもビールも苦くて好きではない、そんな方もたくさんいらっしゃいますよね。

そんな方に、これから夏に向けてぜひお試しいただきたい飲み方をひとつご提案。

使うのはこちらもUCCの「紅茶の時間 ティーウィズマスカット 低糖」。マスカットフレーバーの紅茶です。
紅茶の時間 ティーウィズマスカット
こちらもレシピは簡単。甲類焼酎もしくはウォッカをこれと炭酸で割るだけ。配分はお好みで。

今回は「キンミヤ焼酎」を使います。キンミヤなんてこんなん家になんぼあってもいいですから。一応、配分はキンミヤ1、ティーウィズマスカット2、炭酸2でいってみましょう。ティーウィズマスカットと炭酸を1:1で割ったところにお好みの分量のお酒を入れるイメージでよいかと思います。
マスカットティーソーダ
マスカットティーそのものが完成されてますので、味わいは言うまでもなくで。ほんのりマスカットの風味がワインスプリッツァーのようなイメージを錯覚させてくれます。

エスニックな料理と合わせればさっぱりしそうな夏向けのさわやかな味わいです。缶チューハイであってもいいくらいです。

とまあこのように、どこにでも売っている飲料でも少しアレンジするだけで家飲みのクオリティが上がります。またおすすめの飲み方こちらでご紹介したいと思いますので、乞うご期待。


※記事の情報は2020年5月18日時点のものです。
  • 1現在のページ

この記事で紹介された商品