新感覚! カクテルのための日本酒「カクテルで楽しむお酒」でいろいろ作ってみた

月桂冠よりカクテルやサワーなどのベースに使えるお酒「カクテルで楽しむお酒」が限定発売。日本酒ベースで作る新感覚のサワーの味わいとは? 色々なもので割って試飲します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:新感覚! カクテルのための日本酒「カクテルで楽しむお酒」でいろいろ作ってみた
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回はおうち時間にぴったりな割って楽しむ商品をご紹介します。

日本酒のカクテルベース

なんだかんだで今年のゴールデンウィークもおうち時間になりそうな気配。そんなわけで今回はおうち時間の家飲みに、新しい切り口の商品をご紹介したいと思います。

皆さんは家でチューハイを作るときは何のお酒をベースにしていますか? 私はクセがなくて飲みやすいことからもっぱらキンミヤ焼酎を愛用しているわけですが、私のように焼酎をベースに使われている方がほとんどではないでしょうか。

割るのは焼酎、この世間の常識に反して登場したのが今回ご紹介する商品、月桂冠の「カクテルで楽しむお酒」です。月桂冠といえば日本を代表する日本酒の蔵元なわけで、こちらの中身ももちろん日本酒になります。
月桂冠「カクテルで楽しむお酒」
「カクテルで楽しむお酒」はいわゆる普通酒規格の原酒です。アルコール度数が20%ということなので、甲類焼酎とほとんど変わらないようなものですね。よくよく考えてみると割る用の日本酒がいままでなかったのが不思議なくらいです。

ではなぜなかったのか、おそらくそのヒントは日本酒の旨味にあると思われます。日本酒を何かで割って飲もうと思うと、日本酒の特長である旨味があだとなり、割材の味わいとぶつかってしまい、なんだか複雑な味わいのクセのある飲み物になりがちです。

さらに一般的な日本酒の度数は14%~15%程度。お求めやすいお値段のいわゆる経済酒に至っては13%前後といったものも多いです。なので割って楽しもうとするとどうしてもアルコール度数が控えめになってしまいます。

そこで割る用の日本酒として開発されたのが、この「カクテルで楽しむお酒」というわけです。月桂冠ならではの技術で、味わいが強くなりがちなアルコール度数20%の原酒を旨味のもとであるアミノ酸を抑えつつも酸度を残したすっきりとした味わいに仕上げたそうです。いわば日本酒と甲類焼酎のいいとこどりをしたようなお酒ということで、その味わいに期待が高まります。

というわけで早速試飲タイムといきましょう。

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」で作る『レモンサワー』

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」
やっぱり最初は定番のレモンサワーでしょう。今回はお酒1:炭酸水2の割合にレモン果汁を足してみました。

いつもの焼酎ベースと比べると、味わい深いです。すっきりとした中に程よく旨みがあって、そこにレモンの酸味が見事に調和してます。これは新感覚。

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」で作る『ヨーグルト黒酢サワー』

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」
お次はヨーグルト味の黒酢。飲む酢にも乳酸菌飲料にもどちらとも合いそうなので、別々に試そうと思っていましたが、ちょうどいい感じのものが冷蔵庫に偶然ありました。

黒酢1:お酒1:炭酸水2で。予想通りというか、予想以上に合います。特に説明の必要がないくらい合います。おそらく飲む酢、乳酸菌飲料のどちらか単品で割っても十分に美味しいと思いますが、個人的にはこの合わせ技がお気に入りです。

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」で作る『トマトジュース割り』

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」
お次はもう少し攻めたところで無塩のトマトジュースで割ってみました。

好き嫌いが分かれるところではありますが、これが意外にも合います。トマトの旨みと相性が良いのだと思います。出汁割りに近い感じですね。変化球にはなりますが旨みのあるものとの組み合わせもおすすめです。

お次はもうひと手間加えてみましょう。

月桂冠「カクテルで楽しむお酒」で作る『果実酒』

アルコール度数が20%以上あるということなので、果実(ブドウを除く)の漬け込みもOKです(※酒税法で禁止されていますので20度未満のお酒には果実の漬け込みは一切NGです)。

メーカー的には漬け込むことを想定していないので、腐敗リスク等を考慮するとおすすめはできないとのことでしたが、一晩くらいの漬け込みなら自己判断でどうぞとのことでしたので試してみようと思います。
月桂冠「カクテルで楽しむお酒」
漬け込んでみたのは定番のレモンとこれからの季節を意識してパイナップル。何も加えず一晩漬けこんだものを炭酸で割ってみます。

どちらもまだ漬け込みが足りない感は否めないですが、それでも即席で作ったものと比べると味わい深いです。砂糖を足して漬け込めばもう少し浸漬が進むと思います。あくまで自己責任でお試しください。

ちなみに法律上はこちらで梅酒を作ることは可能ですが、日本酒はホワイトリカーなどの蒸留酒と異なり様々な成分を含むため、漬け込みに使用すると雑菌の繁殖リスクが高いです。梅酒など長期の漬け込みは推奨していないとのことですのでご注意ください。

と、いろいろ試してみましたが、どれも焼酎を割ったものとは違う味わい深さでした。まだまだ他の飲み方もあると思いますので、ぜひいろいろお試しいただければと思います。割って楽しむ日本酒、家飲みの新定番におすすめです。
 

月桂冠 カクテルで楽しむお酒【商品概要】

  • 原材料:米、米こうじ、醸造アルコール
  • アルコール度数:20%
  • 容量 / 容器:900ml / 紙パック
  • 製造元:月桂冠
  • 参考小売価格(消費税別):900円
※記事の情報は2021年4月19日時点のものです。
  • 1現在のページ

この記事で紹介された商品