映えるロゼのスパークリングワイン「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」飲んでみた

ラグジュアリーな雰囲気漂うイタリアのスパークリングワインをご紹介。クリスマスシーズンにオススメしたいプロセッコの味わいとは?

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:映えるロゼのスパークリングワイン「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」飲んでみた
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回はクリスマスシーズンにぴったりな映えるスパークリングワインをご紹介します。

映え間違いなしのボトルデザイン

気が付けばもう12月、いよいよクリスマスシーズンの到来ですね。というわけで今回はクリスマスに飲みたいスパークリングワインをご紹介したいと思います。

ご紹介するのは、眩しく輝くという意味のイタリアのスパークリングワイン「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」です。
ブリッラ! プロセッコ ロゼ
“プロセッコ”はイタリア、ヴェネト州を代表するスパークリングワイン。シャンパーニュ、カヴァと並ぶ世界3大スパークリングワインのひとつです。フレッシュでフルーティな飲みやすい味わいで世界的にも人気が高く、実は世界で最も飲まれているスパークリングワインと言われています。

そんなプロセッコのおすすめとしてご紹介するこの「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」ですが、特徴はなんといってもゴージャスなボトルデザイン。商品名になっている“ブリッラ”とはは眩しく輝くという意味で、それを体現したかのようなラグジュアリーな雰囲気の漂うデザインとなっています。記事では全景を撮影していますが、寄りで撮影するとラベルもキラキラしていてとても写真映えするデザインになっています。

そしてもちろんボトルデザインだけでなく、味わいもお墨付きです。

生産者のボッテールは1928年創業の家族経営のワイナリー。90年以上にわたり家族経営ということもあり、ブドウ農家からの信頼も厚いため高品質なブドウを入手することができ、品質が高くコストパフォーマンスに優れた生産者として高く評価されています。

「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」の実勢価格は2,000円前後とまずまずお手頃なお値段。気になるのはその味わい、というわけで試飲のお時間といきましょう。

「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」を飲んでみた

「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」はプロセッコの主要品種であるグレーラに、赤ワイン用品種の女王と称されるピノ・ノワールをブレンドしたちょっと贅沢な仕様。早速グラスに注ぎましょう。
ブリッラ! プロセッコ ロゼ
グラスに注ぐときめ細やかな泡立ち。色合いはサーモンピンクでフルーティーな香りが漂います。口当たりはさわやかでストロベリーのような果実味があり、バランスの取れた上品な味わいです。

王道の組み合わせは生ハムだと思いますが、合わせる料理を選ばないのもロゼのスパークリングワインの強み。この「ブリッラ! プロセッコ ロゼ」はクセがなく、何にでも合わせやすい万能な味わいなので、様々な料理が並ぶパーティーにはもってこいの1本だと思います。

まだまだ大人数でパーティーというわけにはいかないと思いますが、味わいよし、見た目よしの映えるスパークリングワインでクリスマスの家飲みの気分を上げてみませんか。
 

【商品概要】ブリッラ! プロセッコ ロゼ

  • 産地:イタリア
  • 原料品種:グレーラ、ピノ・ノワール
  • アルコール度数:11%
  • 容量 / 容器:750ml / 瓶
  • 参考小売価格:2,150円(税抜)
  • 輸入元:モトックス

※記事の情報は2021年12月6日時点のものです。
  • 1現在のページ

この記事で紹介された商品