梅酒を蒸留した甘くない梅スピリッツ「香雪-KAYUKI-」を飲んでみた

和歌山県の酒類メーカー「中野BC」が梅酒を蒸留してつくったという珍しい和製スピリッツをご紹介。梅の風味を存分に楽しめるというその味わいとは?

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:梅酒を蒸留した甘くない梅スピリッツ「香雪-KAYUKI-」を飲んでみた
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回は梅酒を蒸留してつくった和製スピリッツをご紹介します。

梅酒を蒸留した和製スピリッツ

2021年最後の商品紹介となる今回は、久しぶりにハードめなお酒を選んでみました。

ご紹介するのは和歌山県の中野BCがつくるスピリッツ「香雪-KAYUKI-」です。
香雪-KAYUKI-
中野BCは和歌山県海南市に位置し、日本酒や焼酎などの酒類を幅広く製造する酒類メーカー。立地を生かし、和歌山産南高梅を使用した梅酒の製造にも力を入れています。

今回ご紹介するこの「香雪-KAYUKI-」はその代表商品である梅酒を単式蒸留してつくったという梅のスピリッツです。以前「KOZUE」というクラフトジンをこちらでご紹介しましたが、その「KOZUE」と同じく、富士白蒸留所というブランドの商品のひとつになります。

昨今のクラフトスピリッツブームでスピリッツの製造に力を入れるメーカーは数あれど、梅酒を蒸留してつくったスピリッツはかなり珍しいものだと思います。

やっぱり気になるのはそのお味。早速試飲といきましょう。

「香雪-KAYUKI-」を飲んでみた

飲み方はロックがおすすめということなので、まずはロックで。
香雪-KAYUKI-
グラスに注いだ瞬間から華やかな梅の香りが漂います。梅の香りから梅酒のような甘さを想像してしまいましたが、蒸留しているので当然ながら甘さはありません。ドライでありつつ梅のエキスがしっかりと染み出した味わいが新感覚でとても美味しいです。

アルコール度数が45度とかなり高めなので、もう少しアルコール度数を低くしても楽しめるか、試しにソーダでも割ってみましょう。
香雪-KAYUKI-
ソーダ割にすると、梅の風味はやや落ちてしまいましたが、よりすっきりとした味わいなので、食事と楽しむのであればこちらのほうがおすすめです。爽やかな風味が口の中をすっきりとさせてくれるので、こってりとした料理に合わせて楽しめると思います。

新感覚の梅スピリッツ、ロックでまったり楽しむも良し、ソーダ割で食事と一緒に楽しむも良しと、使い勝手も抜群。家飲みの新定番としてお楽しみいただければと思います。
 

【商品概要】香雪-KAYUKI-

  • 産地:和歌山県
  • 原材料名:梅酒(和歌山県製造)
  • アルコール度数:45%
  • 容量 / 容器:700ml / 瓶
  • 参考小売価格:3,500円(税抜)
  • 製造元:中野BC

※記事の情報は2021年12月20日時点のものです。
  • 1現在のページ

この記事で紹介された商品