2018.02.05
253 view

これでワカッタ!純米酒【コクのあるふくよかな味わい】

純米酒のラベルの写真

日本酒は、同じ◯✕酒造の同じ「凸凹」というブランドでも、その中に、「純米凸凹」、「凸凹大吟醸」、「凸凹特別本醸造」など、いろんな種類があって、アァ~、わからん!となってしまいがち。そんな貴方に、すっきりわかるお酒の種類のミニ解説をお届けします。同じブランドの中に存在する「いろんなお酒」のことを特定名称酒といい、それぞれ作り方が決まっているんです。ここんところがわかると、スッキリ家飲み日本酒が選べそう。今回は日本酒売り場の棚で多くみかける「純米酒」について。

純米酒とは?

酒屋さんの日本酒コーナーを眺めると、まず目につくのが「純米」と大きく書かれたラベルです。どのメーカーからも「純米」と名乗るお酒が出ています。
純米酒ってなんでしょう?この答えはカンタンです。原材料に、水と麹の他、お米しか使っていないお酒の事。以上! なんですが、もう少しお付き合いください。日本酒の原料はお米にきまっているのに、なぜわざわざ「純米」と名付ける必要があるのか…。

実は、スタンダードな日本酒造りでは、お米が発酵してできたアルコール以外に、人工的に飲用アルコールを混ぜている場合が多いのです。といっても、何かズルしているわけではありません。味も匂いもない飲用のアルコールを最後に適宜添加することで、すっきりした味わいを出したり、キレの良さを演出したり、といった「調味料」「隠し味」「味わいの調整剤」として添加します。これも蔵の腕の見せどころの一つ、と言えるでしょう。

 

純米酒は、この最後の調整を行わず、お米の味わい100%のお酒、米の旨味を味わうためのお酒です。別の言い方をすれば、調味料を使わずに「おいしく造る」ための手間暇をかけている、特別なお酒、ということ。一般に「コクのあるふくよかな」味わいと評されます。

純米酒にも色々ある?

さて、純米酒買おう…… と酒屋さんの棚をよく見れば、単に「純米酒」ではなく、何かとくっついた色んな純米酒があります。「純米◯◯」とついたやつ。醸造アルコールを添加していないことだけが「純米」の条件なので、同時に他の特別な要件(精米歩合や発酵方法など)を満たしていれば、純米であると同時に「吟醸」や「大吟醸」なども同時に名乗ることができるのです。「純米◯◯」となっているものは、純米であると同時に、ほかの特定名称酒の条件も満たしているさらにスペシャルなお酒、ということになります。
これら純米酒をリーズナブルな順にならべると、下記のようになります。

 

●「純米」

水、麹、米のみを使って、醸造アルコール添加をしないお酒です。お米のコクと旨味が持ち味。

 

●「特別純米」

純米であり、なおかつ、精米歩合が60%以下のお酒。単なる純米よりもすっきり、きれいな味わいに。また、お酒の製法や原料に特段の工夫がある場合にも、この「特別」をつけることができます。何が「特別」なのかはラベルに表示されていますので、要確認!

 

●「純米吟醸」

純米であり、なおかつ、精米歩合が60%以下で、さらに「吟醸造り」という発酵を行っているお酒。低温でじっくり発酵させ、香り高いフルーティな味わいに。

 

●「純米大吟醸」

上記の純米吟醸のなかで、精米歩合が50%以下のもの。贅沢にお米を削って造っています。純米吟醸よりさらにすっきり、きれいな味わい。

 

純米酒は、お米の旨味を100%引き出すべく、各蔵ががんばったお酒。ピュアな日本酒の美味しさを味わえる特定名称酒です。

 

編集部がおすすめする純米酒

越路乃紅梅 純米吟醸

越路乃紅梅 純米吟醸720ml

地元、新潟県柿崎の農家と契約栽培をした酒米「八反錦」を55%まで精米し、素材である米の旨味を引き出すべく長期低温発酵で醸した、瓶燗瓶熟成の純米吟醸酒です。

  • 送料別

虎屋の純米

山形県産酒造好適米「出羽の里」を使用し、穏やかで、スッキリとした味わい。飽きのこない辛口純米酒。 日本酒度+15の極辛口です。純米霞城寿とは同じ酒米から生まれた兄弟分。味わいの違いを飲み比べてみてはいかがでしょうか?

純米霞城寿

山形セレクション認定酒。山形県産酒造好適米「出羽の里」を100%使用し、香り・味ともにバランスよく、コクのある旨口純米酒。ふくよかで優しい味わいをお楽しみ下さい。

小阪酒造のメインブランド、ひゃくしゅんのラベルの写真

百春 純米吟醸

酒造好適米五百万石を50%精米して米だけでつくった深い香りとコクのあるお酒の逸品です。

千崎達也

千崎達也

1960年岩手県生まれの映像ディレクター。家飲み頻度はおおむね年間360日程の典型的な「仕舞い酒」派イエノミストです。一日の終わりに家飲みの一杯、これがないとその日を終えられませんね。尊敬する人物は内田百閒とクマのプー太郎です!

この記事を書いた人の最近の記事

すべての記事を見る

Weekly Access Ranking

週間アクセスランキング