「イタリア中部地震」復興支援に一役買ったパスタとは?

2016年8月の「イタリア中部地震」で最大の被害を受けた地域アマトリーチェの復興に一役買ったパスタがあるのだそうです。今回の「イタリア家飲みコラム」では、そのパスタとパスタに合うワインをご紹介します。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:「イタリア中部地震」復興支援に一役買ったパスタとは?

この記事をシェアしよう!

目次

カリフォルニア・ワインを襲った災害

先日、心痛むニュースが飛び込んできた。アメリカのカリフォルニア州で原野火災が発生し、現地のブドウ畑やワイナリーにも火の手が及び「将来を見通せない状況だ」というのだ。特に被害の大きかったナパ郡とソノマ郡は高級ワインの産地として知られる。今回は、それらの地域を含む約1860平方メートル以上が焼け、7000近い建物が焼失。その被災範囲は東京23区の1.4倍に相当するとも伝えられている(朝日新聞10月20日の記事より)。

ワイン好きならば、カリフォルニア・ワインと聞けば、まず「ナパ・バレー(ナパ渓谷)」を思い浮かべるのではないか。カリフォルニア・ワインの高いクオリティーを世界に知らしめたのは間違いなく、このナパ郡のワインだ。特に「オーパス・ワン(Opus one)」の名は、誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。フランスのボルドーワインを、広大なアメリカの地で実現しようという壮大な発想のもと、フィリップ・ド・ロッチルト男爵とロバート・モンダヴィが極めた高級ワインである。パリで行われたブラインド・テイスティングにおいて、名だたるフランス・ワインを抑えての優勝は、今も語り草である。そして、その隣の「ソノマ・バレー」もワインを語るには外せない。ソノマ郡はカリフォルニア・ワイン発祥の地として知られ、1850年頃からワイン用ブドウの栽培とワインの生産がこの地で始まったとされる。いわば、カリフォルア・ワインの聖地だ。今回、そんな伝統あるワインの産地が、ことごとく壊滅的な被害にあった。現在も深刻な状況は続くが、無事の復興をお祈りする。

震災からの復興を助けたラツィオ伝統のパスタ

さて、自然災害による被害は、イタリアにもある。記憶に新しいものでは、2016年8月に起きたイタリア中部地震だ。ウンブリア、マルケ、ラツィオの3州を巻き込んだこの震災は、290名以上の死者を出す惨事となった。このとき、最大の被害を受けた地域にアマトリーチェという小さな町がある。首都ローマと同じライツィオ州に属するこの町は、その名が料理名にもなっていることで有名だ。よくパスタの種類で「アマトリチャーナ」と呼ばれているが、イタリア語ではall’amatriciana[アッラマトリチャーナ]と表し、「アマトリーチェ風」を意味する。この震災の直後、大変ユニークな支援活動が起きた。その「アマトリーチェ風スパゲッティ」を各地の料理店が一斉に提供し、その収益の一部をアマトリーチェ復興のために寄付するというのだ。その動きは日本にも及び、私も都内の友人のイタリア料理店で、アマトリーチェ風スパゲッティをいただき支援させていただいた。「パスタを食べて被災地支援」とは、イタリアらしい素敵なアイデアだった。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!