アルコール自体にカロリーはある?〈老けない人は何を飲んでいる?④〉

糖質オフのお酒なら太らないと主張する人もいれば、いやいやアルコールだけ飲んだとしても太るんだよと言う人も。どっちなの? アルコールのカロリーってどのぐらい? ベストセラー「老けない人は何を食べているのか」の著者、森由香子さんが教えてくれました。

メインビジュアル:アルコール自体にカロリーはある?〈老けない人は何を飲んでいる?④〉

この記事をシェアしよう!

目次

ビール大瓶の「アルコール」は約175kcal。それだけなら太りにくいかも

お酒は、楽しい気分になったり、会話がはずんだり、食べ物をさらにおいしく感じさせたり、心やカラダに潤いをあたえてくれます。

お酒のことを「アルコール」ともいいますが、化学的にいえばアルコールは、炭化水素の水素原子をヒドロキシ基で置き換えた形の化合物の総称のこと。お酒に含まれるアルコールは、この化合物のなかの「エタノール」です。

ところで、アルコール(エタノール)は「エンプティカロリー」といわれていることを、どこかで聞いたことがないでしょうか。エンプティカロリー、つまりカロリーがないということです。アルコールには炭水化物、脂質、たんぱく質といったカラダに必要な栄養素が含まれないため、そう呼ばれるようになりました。

これを聞いて、お酒は太らないの?と思った方がいらっしゃるかもしれません。実は、アルコールも食べ物と同じでカロリーはあります。アルコール(エタノール)のカロリーは、1gあたり約7kcalです。

では、具体的にアルコールのカロリーを算出してみましょう。お酒(エタノール)の濃さは、度数(%)で表記されています。たとえば、アルコール分5%と記載されていれば、100ml中のなかのエタノールの容積(ml)をあらわしています。

アルコール度数5%のビール大瓶1本(633ml)に含まれているエタノールの重さは、エタノールの密度が0.789なので、概算式で5×633×0.789÷100=約25g。カロリーは7kcal×25g=約175kcal。これがビール大瓶に含まれる「アルコールの」カロリーです。ビールにはこのほかに糖質も含まれています(大瓶1本で約70〜80kcal程度)が、ここではあくまでアルコールだけに注目します。

このようにアルコールにもカロリーがありますから、炭水化物、脂質、たんぱく質が含まれる食べ物と同じように、太る原因となる可能性があります。ただし、適量のアルコール、たとえば前述のビール大瓶1本程度であれば、アルコールだけでは太らない可能性が高いと考えられます。その理由は、アルコールの代謝の仕組みにあります。アルコールがどのように代謝されていくのか、過程をみていきましょう。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!