イタリア人の食卓訪問! マンマの家飲みおもてなし(3)

マンマにイタリア流のおもてなし術を教わるシリーズの第3回。来客が大勢いてもあわてないマンマの極意は、ムースやディップを上手に使うこと。今回もとっておきのおつまみを教えていただきます。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア人の食卓訪問! マンマの家飲みおもてなし(3)

マンマのとっておきおつまみ「ドライトマトのムース」

イタリアのお母さん「マンマ」は一家のまとめ役。食卓を切り盛りし、テキパキと家事をこなし、子供や老人の面倒をよくみる。パパはグータラでも、マンマはしっかり者。「大黒柱はマンマよ」、そんな家族が普通です。だから、困ったときには”Mamma mia!”「マンマ・ミーア」と言うのです。直訳は「私のマンマ」。英語で言えば”Oh, my god!” と同じニュアンスですから、「マンマ」イコール「神」です(笑)。

そんなイタリアのマンマは、急な来客にも動じません。その秘訣をシリーズでご紹介してきました。今回はそんな「イタリア流家飲み」の最終回。私の友人のマンマ、エレナさんにとっておきのおつまみを教えていただきます。

「来客が大勢いてもあわてない方法。それは、ムースやディップを活用することよ」。そんな格言(?)が、さりげなく飛び出します。なるほど。言わば、「乾き物のおつまみ」をより美味しくふるまうワザというわけだ。今日教えてもらうのは「ドライトマトのムース」です。

まずは材料、5人分。

材料

  • ドライトマト 50g
  • クリームチーズ 100~120g
  • ニンニク 1/2片
  • バジルの葉を刻んだもの 大さじ1/2
  • パン粉 大さじ1
  • パルメザンチーズ(粉チーズ) 大さじ1/2
  • 卵白 1/2 個分
  • お湯、赤ワイン (ドライトマトを戻す用)
  • 塩、コショウ  
今回使用した材料は、下の写真の通り。卵白は後ほど泡立てますよ。
今回の材料

作り方

まずは、下準備。ドライトマトを戻します。ボウルなどの容器にドライトマトを入れ、沸騰した湯と赤ワインを半々に加えて、ちょうど水面に隠れるようにします。お湯を使えば10~15分で柔らかくなるのでおすすめ。ただし、ムースにするにはできるだけ柔らかいほうがいいので、時間があれば長めに漬け込んでおくと、出来上がりがより滑らかになりますよ。

ここでマンマのワンポイント。

「ドライトマトの水分を切った後は、そのまま乾燥よ。クッキングペーパーなどで拭き取ると、風味を損なう恐れがあるわ」

さて、ドライトマトを戻したら、ムース作りに入ります。まずは、柔らかくなったドライトマトを包丁で刻みます。細かくなり、ペースト状になってきたら、クリームチーズ、パルメザンチーズ、バジルの葉、パン粉、ニンニクを加えて、全体を混ぜ合わせます。それからミキサーにかけます。滑らかなムース状になったところで取り出したものが、下の写真の状態です。
滑らかなムース状になったところで取り出したもの
滑らかなムース状になったところで取り出したもの
これに塩とコショウをして味を整え、卵白を泡立てたものを絡めます。下の写真が完成品です。
完成品
完成品
時間があれば、ラップをかぶせて、冷蔵庫で冷やすと、より美味しくいただけます。今回はクロスティーニという、イタリアの小さな堅パンでいただきます。下の写真のようにバターを塗る感じで。
クロスティーニという、イタリアの小さな堅パン
クロスティーニという、イタリアの小さな堅パンにバターを塗る感じで

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!