【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

ニッポンの蔵元へ行こう【愛媛県 梅錦山川株式会社】

全国各地の酒蔵と銘酒を訪ねる「銘酒 蔵元探訪記」、今回訪ねたのは愛媛県四国中央市の蔵元、梅錦山川株式会社です。四国中央市は製紙業もさかんな水に恵まれた土地。穏やかな瀬戸内海に面し、石鎚山系の軟水で醸されたお酒は旨口で優しい味わい。国内外の受賞歴も豊富です。代表取締役の藤原康展さんにお話を伺いました。

愛媛県四国中央市の蔵元、梅錦山川株式会社

創業明治5年

梅錦山川株式会社の藤原さん
梅錦の創業は明治の初頭。歴史のある母屋は国の有形文化財に指定されている由緒ある建物です。母屋は現在は使われていませんが、明治30年に建てられた仕込蔵は今だ現役。酒造りの舞台として大切に受け継がれています。黒光りする太い梁や柱が、この蔵の酒造りの歴史を見つめてきました。
藤原:創業は明治5年です。梅錦という名前の由来は、当時、この地区には立派な梅林があったことから名づけられたと聞いています。
酒造りにつきましては、私たちは、ただひたすらうまい酒を造りたい、飲み飽きしない酒を造りつづけようと心がけています。そのかいあって、全国の新酒鑑評会で30回以上金賞をいただいたり、愛媛の知事賞をいただいたり、と技術力は高いご評価を戴いています。これをしっかり継承しなが愛されるお酒を造っていきたいと思いますね。

瀬戸内の海のように柔らかな味わい

梅錦の味わいの最大の特長は、その柔らかさです。
藤原:仕込みに使っている水は石鎚山系の伏流水でして、軟水にあたります。そこが柔らかい味わいの秘密かなと思います。酒質としましては、このあたりの料理は少し甘口の味付けが特長ですので、それに合わせていわゆる「旨口」のお酒を造っています。料理との相性が抜群で、料理と酒の関係が「Win Win」といいますか、とても良い関係になれる、というお酒をめざしています。お酒だけが出しゃばる事なく、食事と共に活きる「食中酒」として味わっていただきたいです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら