【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

おつまみは「濃い味派」という方、必読です! 〈老けない人は何を飲んでいる? ⑱〉

食塩の摂り過ぎによる高血圧症が心配です。今は良くても、30年後あなたの体は大丈夫?

メインビジュアル:おつまみは「濃い味派」という方、必読です! 〈老けない人は何を飲んでいる? ⑱〉

1日の食塩摂取量の目標は、男性が8g未満、女性が7g未満

今晩は何を作ろうか、何を食べようか、お酒のおつまみをアレコレ考えるのも楽しいものですね。味が薄い、味が濃いなどおつまみの美味しさを決めるのは、塩の量です。塩加減で味が決まるといっても過言ではないでしょう。

食塩は、人間の体に不可欠です。足りなくなると疲れやすくなります。逆に、摂りすぎると血圧の上昇、高血圧の原因をつくります。
2015年の食事摂取基準では、現在の日本人が当面の目標とすべき1日の食塩摂取量は、男性が8g未満、女性が7g未満としています。この目標量を超えて食塩を摂取し続けると、高血圧症につながってしまうのです。
高血圧症は日本人に最も多い病気で、国の調査によると日本人の1/3が高血圧と言われています。高血圧は、自覚症状がないうちに血管を阻み、心不全、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などといった病気をひきおこす原因をつくります。日本高血圧学会による基準では、診察室血圧値で140/90mmHg、家庭血圧値で135/85mmHg以上が高血圧症とされます。

血圧は、加齢とともに上がっていくため自然な現象と言われていますが、実は、これまでどれくらい食塩を摂取してきたか、そして、今後どれくらい摂取するかによって、将来の血圧の値が決まることがわかっているのです。
あなたの30年後、どれくらいの血圧になっているのか今から知ることができたら、ちょっと塩分の摂取量に気を付けようと思いませんか?
実は将来の血圧の値がわかる、とっておきの計算式があるのです。この記事を読んだ方はラッキーですよ!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら