チーズと日本酒の相性を検証。ぜったいハマる組み合わせはコレ!

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する日本酒ラヴァー、簗塲友何里(やなば ゆかり)さん。今回はチーズと日本酒のマリアージュ!

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:チーズと日本酒の相性を検証。ぜったいハマる組み合わせはコレ!
日本酒に合うおつまみとして、最近人気になりつつあるのが、チーズです。私は日本酒もチーズも大好きですが、それは同じ発酵食品であり、共に旨味が感じられるからです。白ワインの5倍ほどアミノ酸が含まれている日本酒は、チーズと一緒に食すことで、旨味と旨味の相乗効果により、とても美味しい「口内調理」ができあがります。チーズとワインと合わせるのも良いのですが、たまには日本酒と合わせてみてはいかがでしょうか?

さて、チーズと言っても様々なタイプがあります。私が経営する発酵フレンチと日本酒のマリアージュのレストラン、SAKE Scene 〼福でお出ししているチーズの盛り合わせを例に、それぞれどのような日本酒が合うか検証してみました。
 

白カビタイプには〈すっきりしつつ旨味を感じるお酒〉

白カビタイプのチーズ
まずはカマンベールチーズで有名な白カビタイプ。カマンベールチーズより古い歴史を持つ「ブリ ド モー」と合わせました。

おすすめは、旭日酒造(島根県)の「十旭日(じゅうじあさひ)27BY 改良雄町」です。こちらの日本酒は、生酛造りのしっかりとしたタイプの日本酒ですが、基本はすっきりとしながらも2,3年熟成していることでの旨味と米の味わい、まろやかな感じのする日本酒です。ブリ ド モーの上品な味わいと、懐の深い丁寧に仕上げた日本酒がとてもマッチしました。白カビ系で中がトロっとした熟成のチーズには、辛口ですっきりしながらも米の旨味を感じるタイプの日本酒が合います。
十字朝日

 

ミモレットには〈フルーティーな純米吟醸〉

ミモレット
次は「ミモレット」です。オレンジ色をしたセミハードタイプのチーズ。

当店では2から6カ月熟成をお出ししています。 おすすめは純米吟醸の少々吟醸香を感じる、爽やかで少しフルーティーでありながら、米の甘味を感じるタイプです。ミモレットの鼻腔かすめる優しいヨーグルトのような香りが、純米吟醸のフルーティーな香りと合いました。具体的には、宗玄酒造(石川県)の「宗玄 限定の純粋無垢 生酒」や、新谷酒造(山口県)の「わかむすめ 薄花桜」がおすすめです。
宗源 限定の純粋無垢 生酒
若娘
  • 1現在のページ
  • 2

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!