フランスでソムリエが「チーズには日本酒」と言い出した! Kura Master2018表彰イベントより

『さけ通信』は「元気に飲む! 愉快に遊ぶ酒マガジン」です。お酒が大好きなあなたに、酒のレパートリーを広げる遊び方、ホームパーティを盛りあげるひと工夫、出かけたくなる酒スポット、体にやさしいお酒との付き合い方などをお伝えしていきます。発行するのは酒文化研究所(1991年創業)。ハッピーなお酒のあり方を発信し続ける、独立の民間の酒専門の研究所です。

メインビジュアル:フランスでソムリエが「チーズには日本酒」と言い出した! Kura Master2018表彰イベントより
さけ通信

フランスのトップソムリエが評価したSAKE

「フランス人によるフランス人のためのフランス人のSAKEコンテスト」として昨年から始まったKura Master。今年は全国の酒蔵から650点の出品がありました。部門は「純米吟醸・純米大吟醸部門」「純米部門」「デザートとしてのにごり酒」の3つです。5月28日にパリ水族館でおこなわれた審査会には、フランス美食界を代表する58人のトップソムリエが参加して真剣にSAKEをテイスティング。「プラチナ賞(74点)」「金賞(138点)」が選出されました。
フランス人によるフランス人のためのフランス人のSAKEコンテスト
フランス人によるフランス人のためのフランス人のSAKEコンテスト
そして、7月3日は各部門最上位のTOP12のなかから部門トップにあたる審査員特別賞3点と、グザビエ・チェイザ審査員長(ホテルクリヨン・シェフソムリエ)が選んだ最高賞であるプレジデント賞が発表されました。
グザビエ・チェイザ審査員長(ホテルクリヨン・シェフソムリエ)
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3