スマートに女性を食事に誘うには?〈バー店主が語るお店の使い方①〉

渋谷のワインバー「bar bossa(バールボッサ)」店主・林伸次さんによる新連載。お店側の立場から、お店の有効な使い方、付き合い方を綴っていきます。

ライター:林 伸次林 伸次
メインビジュアル:スマートに女性を食事に誘うには?〈バー店主が語るお店の使い方①〉

まずは単刀直入に誘ってみましょう

色んな女性に、「どうやって男性に誘われるのが良いか」という質問をしているのですが、ほぼ全員が「食事でもどうですか?」が一番良いと答えます。

「このコンサート、チケットが余ったので」とか「この間、話していた本を渡したいので」とか色々ごちゃごちゃ言わずに、「食事に行きませんか」が良いそうです。

そして、「その男性がよっぽど嫌なタイプ」でなければ、食事くらいなら行くそうです。

もちろん「今、お付き合いしているすごくラブラブな男性がいる」という場合でお断りすることもあるようですが、「彼氏がいても食事くらいなら行く」という女性が多いです。

さあ、食事に誘いましょう。そこでお酒が入ると人は脳の理性的になろうとしている部分に麻酔がかかり、脳の本能的な部分の「仲良くなりたい」という気持ちや「子孫を残したい→エッチな気分になる」という気持ちが前に出てきます。さあ、食事に誘いましょう。

予定を具体的に訊いて、相手の反応を見る

さて、「今度、食事にでも行きましょうよ」という言葉だと、「ああ、いいですね」で終わってしまいます。男性同士でもありますよね。「今度飯でも行きましょうよ」って言うだけの関係。それと同じで「まあ一応、誰にでも言う人」だと思われてしまいます。具体的に「今度の金曜の夜とかどうですか?」と提案しましょう。

そこでもし「あ、その日、ちょっと用事が入ってるんです」って言われて、「でも、月曜日だったら空いてます」とか「来週の金曜日だったら空いてます」っていう「代案」が出てきたらOKです。でも、代案が彼女から出てこない場合は、「まずない」と思って良いようです。これは全ての女性がそう言います。本当に行きたいときは「別の日という代案」を出すそうです。

ここではいったん引き下がりましょう。ここで「じゃあ何曜日だったら空いてますか?」は「しつこい」と感じるそうです。ここでは引き下がっておくと「貸し」が出来てしまったと感じるみたいです。そして、また2ヶ月後とかに「食事でもどうですか?」って言うのが「ベター」。そうなると、「あ、この人、本気なんだ。この間、断っちゃったから今度は行かなきゃ」ってなるそうなんです。ちなみにここでも断られたら、これは「なし」です。彼女以外にも女性は何億人といます。縁がなかったんです。さっぱりとあきらめて次に行きましょう。
  • 1現在のページ
  • 2