約500種類の日本酒が味わえる!「にいがた酒の陣」イベントレポート【後編】

好きなお酒がきっと見つかる!

新潟のお酒は「辛口淡麗」だと言われていますが、試飲したお酒はどれも個性豊か。飲み比べているうちに自分の好きなお酒のタイプが分かり、気が付けば両手いっぱいのお酒を買い込んでしまいました。思わず”ジャケ買い”したくなるようなグッドルッキングなお酒や、普通の酒屋さんには出回らない会場限定のお酒もたくさんあり、自分の好みがより明確になった気がします。
では最後に、酒蔵ブースの皆さんwith酒蔵おすすめのお酒の写真をお届けしつつ、レポートを終わります。
「魚沼酒造」さん
「魚沼酒造」さん
「白瀧酒造」さん
「白瀧酒造」さん
↑写真左から、

■県外出荷は1割以下、地元で好まれる旨味のある酒を造り続けている「魚沼酒造」さん。看板銘柄は「天神囃子」です。燗酒をふるまっておられました。

■「上善如水」で有名な「白瀧酒造」さん。「上善如水 純米吟醸 無濾過生原酒」など会場限定のお酒も販売されてました。手にしているのは「ワイングラスで美味しい日本酒アワード」金賞受賞の「上善如水スパークリング」。
「久須美酒造」さん
「久須美酒造」さん
「松乃井酒造」さん
「松乃井酒造」さん
■その酒造り、米作りが漫画「夏子の酒」のモデルになった「久須美酒造」さん。手にしているのは、蔵の”七代目”若き職人とともに作ったその名も「七代目」。

■創業当時からの横井戸の水にこだわった酒造りをする「松乃井酒造」さん。会場限定の「松乃井スーパー純米」はパッケージもスタイリッシュ。
「加茂錦酒造」さん
「加茂錦酒造」さん
「加賀の井酒造」さん
「加賀の井酒造」さん
↑写真左から、

■伝統的な酒造りをもとに”今の食卓に合う酒”を目指す「加茂錦酒造」さん。ソムリエスタイルの美人さんが会場でひときわ目立っていました。

■糸魚川火災被災が大きなニュースになった「加賀の井酒造」さん。今年はTシャツやトートバッグを販売。後ろの寄せ書きにはファンからの熱いメッセージがびっしり書かれていました。
「頚城酒造」さん
「頚城酒造」さん
「麒麟山酒造」さん
「麒麟山酒造」さん
■本サイトの銘酒 蔵元探訪記に登場してくださった「頚城酒造」さん。手にしているのは会場限定の純米大吟醸の絞りたて無濾過生酒「HANA」。

■地元で親しまれる辛口を作り続ける「麒麟山酒造」さん。ブースもユニフォームもピンクで統一。手にしているのも「きりんざんピンクボトル」。


※記事の情報は2017年4月25日時点のものです。
  • 1
  • 2
  • 3現在のページ