約500種類の日本酒が味わえる!「にいがた酒の陣」イベントレポート【前編】

日本酒好きなら一度は耳にしたことがあるであろう、新潟で年に一度開催され、昨年は12万人を超える人が訪れたという大規模な日本酒試飲イベント「にいがた酒の陣」。日本酒好きたちの「一度行ってみるべし!」の声に背中を押され、イエノミスタイル編集部員が新幹線に飛び乗って行ってまいりました。その模様をレポートします!

メインビジュアル:約500種類の日本酒が味わえる!「にいがた酒の陣」イベントレポート【前編】

「にいがた酒の陣」とは?

まずは「にいがた酒の陣」とはなんぞや?ということからおさらいしたいと思います。ドイツのミュンヘンで1810年から開催されている伝統的なビールの祭典「オクトーバーフェスト」をモデルに、新潟県酒造組合の50周年記念行事として2004年からスタート。年々集客数を伸ばし、地元新潟はもちろん、全国から日本酒好きが集まる一大イベントになっているそうです。

会場は新潟駅からバスで15分ほどの朱鷺メッセ。開場を待つ人たちの行列が建物の外まで続いています。
会場は新潟駅からバスで15分ほどの朱鷺メッセ
開場を待つ人たちの行列が建物の外まで続いています
試飲チケットは前売2000円、当日2500円。入場してからお猪口と水を受け取ります。
入場してからお猪口と水を受け取ります
お猪口を首からぶら下げることができる「お猪口ホルダー」も販売されています。後で分かるのですが、会場内に入るとあちこちからお猪口を落として割れる音が聞こえてくるので、あると便利です。
お猪口を首からぶら下げることができる「お猪口ホルダー」
お猪口を首からぶら下げることができる「お猪口ホルダー」
ちなみに水は会場内で「和らぎ水」と呼ばれています。ウイスキーで言うところのチェイサーですね。お酒と仲良く戯れるためには水を飲むのは大事なことですね。準備が整ったのでいざ出陣です。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!