お酒がもっと深く好きになる検定&資格ガイド <ウイスキー編>

ウイスキーを語るには、ウイスキーを知ることから。あなたの知識の深さはどれくらい?

メインビジュアル:お酒がもっと深く好きになる検定&資格ガイド <ウイスキー編>
お酒をただ美味しく楽しむのも良いですが、もう一歩踏み込んで知識を深めることで、これまでに体験したことのない新しい味わい方を発見したり、自分以外の誰かにも美味しさを提案することができるようになります。お酒の検定や資格は、そうした知識の深さをはかる指標です。

ビール、日本酒に続くシリーズ3回目の今回は、日本にもクラフトブームが押し寄せている「ウイスキー」を取り上げます。
 

そもそも「検定」と「資格」の違いとは?

「検定」とは、ある特定の知識や能力をその人がどれくらいもっているかを検査することです。資格と異なり、合格することで何らかの免許や肩書等が与えられるわけではありません。

「資格」は、カリキュラムの受講や試験に合格することである特定の機関から免許や肩書が与えられます。ですので、仕事や業務に役立てたいと思っている方は資格取得のほうが有利かもしれません。ただし、検定に比べると費用がかかります。

 

ウイスキーにまつわる【検定】

ウイスキー検定イメージ


ウイスキー検定|一般社団法人ウイスキー検定実行委員会

Q. どんな検定?
A.ウイスキーをもっと知り、もっと楽しむための知識を問う試験
世界のウイスキーを対象に、歴史、原料、製法から様々な飲み方、ウイスキーにまつわるうんちくまで、奥深いウイスキーの世界をより楽しむための知識が問われます。難易度別に3級~1級まである常設級のほか、不定期で開催されるJW級(ジャパニーズウイスキーに特化した上級レベル)、SM級(シングルモルトウイスキーに特化した上級レベル)、BW級(バーボンに特化した中級レベル)の特別級もあります。受検者全員に記念品のプレゼントや、合格者には認定証も授与されます。

Q. どこで受けられるの? 費用は?
A.試験会場は東京・大阪・名古屋の3か所。常設級の検定料はレベル別に4,320~6,480円(税込)

ウイスキー検定は東京・大阪・名古屋の3都市・3会場で行われます。申し込みは公式HP から可能。常設級の場合、3級の受検費用は4,320円、2級は5,400円、1級は6,480円かかります(※1級は2級に合格している方のみ受検可能)。

Q. どんな問題が出るの?
A. 基本的にマークシート形式で出題。1級は記述問題もあります

3級
『新版・検定公式テキスト』のスコッチを中心に出題され、テキストを学習すれば合格可能。ウイスキーが好きで、ウイスキーの基礎知識を持つ方を対象とした初級レベル。
<過去問題>
アイラ島で唯一、チャールズ皇太子の王室御用達のワラント(勅許状)を得ている蒸留所はどこか。次の中から選べ。
(1)ボウモア (2)ブナハーブン (3)プリンス・オブ・ウェールズ (4)ラフロイグ
正解:(4)ラフロイグ

2級
『新版・検定公式テキスト』を中心に出題。テキストを深く学習、理解すれば合格可能。ウイスキーの文化や歴史、製法を理解し、ウイスキー通になりたい方を対象とした中級レベル。
<過去問題>
次の中でアイラモルトに分類されない蒸留所はどれか。1つ選べ。
(1)トバモリー (2)ブナハーブン (3)ブルイックラディ (4)キルホーマン
正解:(1)トバモリー

1級
『新版・検定公式テキスト』と参考書籍などから出題。ウイスキーの文化や歴史、製法、最新情報などを深く理解した方を対象とした上級レベル。

Q. 気になる難易度は?
A. 3級の合格率は87%、1級は24%で一気に難易度アップ!

これまでの累計受験者データによると、3級の合格率は87%、2級は50%、1級は24%となっています。受験者の割合を職業別にみると、飲食・バー関係…14%、酒類関係会社員…15%、会社員…48%となっていて、職業とは関係のない一般の会社員からの応募が圧倒的に多いことが分かります。

Q. 何を参考に勉強すればよい?
A. しっかり対策できる、公式テキストや過去問題集、参考書が用意されています


『新版 ウイスキー検定公式テキスト』
定価:2,376円 発行:小学館



『ウイスキー検定過去問題集5』
定価:1,080円 発行:ウイスキー文化研究所



『シングルモルトウィスキー大全』
定価:3,564円 発行:小学館



『ブレンデッドウィスキー大全』
定価:3,456円 発行:小学館


より詳しい内容は、「ウイスキー検定」のWEBSITEでチェック!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!