なつかしい昭和の家飲み風景。あのころみんな飲んでいた!「昭和家飲みあるある」80連発

みなさんの記憶にある「昭和の家飲み」はどんなものですか? プロ野球のナイターを見ながら親父が飲んでいた酒と肴。親戚一同集まっての宴会。あのころみんな飲んでいた! アンケート調査をもとにした「昭和家飲みあるある80連発」。これを読んでノスタルジックな気分に浸るもよし、レトロな家飲みを再現してみるのもよし。ひとときのタイムスリップをお楽しみください!

ライター:まるまる
メインビジュアル:なつかしい昭和の家飲み風景。あのころみんな飲んでいた!「昭和家飲みあるある」80連発

なつかしのおつまみ

1. 薄切りのキュウリとサラミを交互に重ねる
2. プロセスチーズを専用ナイフで波形に切るのがなぜか流行
3. スライスしたプロセスチーズを海苔でまいたもの
4. 四つ割りのキュウリをハムで巻いて楊枝で留める
5. 拍子木切りのプロセスチーズを餃子の皮で巻き、油で揚げたミニ春巻き
6. 引っ張るだけではなかなかほどけないツナピコ
7. 長さ10センチぐらいのスティック型のプロセスチーズ
8. クジラの刺身、クジラベーコン、クジラの缶詰。とにかくクジラが好き
9. 魚肉ハム。ハムなのに魚肉。我が家ではけっこう高級品の部類
10. ウイスキーを飲む親父にお袋がそっと出すレーズンアンドバター
11. 海辺の実家では肴といったら必ず刺身
12. 田舎の伯父さんが晩酌のとき生でかじっていた自家製青唐辛子
13. さきいかと柿の種、バターピーナッツを同時に頬張るうまさ
14. いろいろ試して柿の種2、ピーナツ1、さきいか2本がベストと結論づけ
15. おでんの玉子を箸で割ろうとすると必ず想定外の切り口で割れる
16. 口に入る直前で落下する里芋
17. 枝豆がのどを直撃して気管に入りそうになる
18. 冷ややっこに鰹節を乗せたとたん扇風機がこっちをむいて惨事
19. ノザキのコンビーフの缶開けを途中で失敗
20. コンビーフは1cmのスライス。冷蔵庫から出したては固いから箸で食べる
21. 脂が溶けてやわらかくなったら、爪楊枝でくずしながら食べる
22. クジラを甘辛く煮込んだ缶詰。ガスコンロで温めそのまま食卓
23. 缶からそのまま食べるワイルド感とグツグツ感に心躍る
24. 「蝿帳」がハエから食卓を守っている
25. 片岡義男の小説をまねしてオニオンスライスを作るが辛すぎて食えない
26. 静岡では黒いのが「はんぺん」で白いのが「白はんぺん」
27. 静岡ではみんな食べてた、イルカの佃煮
28. 北海道ではいかの粕漬けが必需品
29. 日本が日本である限りつまみと言えば枝豆と冷ややっこ
 
昭和の冷ややっこは長方形の一丁を16分割。枝豆は夏限定でした。どこの家庭にもキリンビールの小さなグラスがありました。
昭和の冷ややっこは長方形の一丁を16分割。枝豆は夏限定でした。どこの家庭にもキリンビールの小さなグラスがありました。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3