〈家飲み文化部①〉みんなで盛り上がる、おすすめボードゲーム7選

家飲みの良さは、音楽でも映像でもゲームでも、好きなことを同時に楽しめちゃうところ。というわけで、不定期連載「家飲み文化部」はじめます。第1回のテーマは家飲みと一緒に楽しむ「ボードゲーム」です。いつもの家飲みを、ひと味違う楽しいものにしてくれるボードゲーム。専門店「すごろくや」の丸田社長にお話しをうかがいながら、最新のものから名作まで、家飲みのときにみんなで楽しめるボードゲームを7点、厳選してご紹介します。

ライター:まるまる
メインビジュアル:〈家飲み文化部①〉みんなで盛り上がる、おすすめボードゲーム7選
株式会社すごろくや 代表取締役 丸田康司さん
お話をしてくださったのは、株式会社すごろくや 代表取締役 丸田康司さん(好きなお酒:テキーラ)です。

1. タイニーパーク(お母さん層にも大人気)

タイニーパーク(お母さん層にも大人気)
メーカー:HABA(ドイツ) 日本国内版2017年発売
6才〜大人 2〜4人用 所要時間10〜15分 ルール難度:1.5

まずは株式会社すごろくや・丸田社長のおススメゲームを2点。このタイニーパークは、遊園地設計がテーマ。サイコロ5個を何度か振って絵柄の組み合わせを作り、パズルのピースを獲得して自分の敷地に配置していきます。自分の敷地をきれいに埋められれば勝ち。サイコロゲームとパズルが絶妙に組み合わさっていて、シンプルだけど奥が深いゲームです。

「以前あって廃盤になったゲームに要望が多く集まって復刻されたものです。特にお母さん層に人気があります。欲しいものを買って空間を埋めていく『買い物』の心理に近いものがあるのではないかと思います」(丸田社長)

2. ハゲタカのえじき(首位打者級の面白さ)

ハゲタカのえじき(首位打者級の面白さ)
メーカー:kodkod(イスラエル) 日本国内版2011年発売
8才〜大人 2〜6人用 所要時間20分 ルール難度:1.5

次に丸田社長におススメいただいたのは、カードを使ったじゃんけんゲーム。毎回1枚ずつ提示される-5点~+10点の獲物カードを狙って、全員が手札から数値カードを1枚出してじゃんけん。一番大きな札を出した人が獲物をゲットします。ただし、「あいこ」だった人は無条件で負け。つまり、他の人と同じ値を出さないよう深い読みが必要です。場にあいこが多いと小さい値で逆転勝利。単純でいながらエキサイティング。家飲みが大いに盛り上がりそうです。

「年齢を問わず、誰もが面白いと思える『打率』が最も高いゲームのひとつです。何回かやるうちに相場感がわかってきて適切な札を出せるようになる。でもそうすると札が被ってしまいドラマが生まれます」(丸田社長)

3. カルカソンヌ(城塞都市をめぐる冒険!)

カルカソンヌ(城塞都市をめぐる冒険!)
メーカー:Hans im Glück(ドイツ) 発売年:2000年
6才~大人 2~5人用 所要30分 ルール難度:2

ここからは編集部おススメのゲームを5つご紹介します。カルカソンヌは、地形タイルをつなげていきながら、城塞都市や道、修道院などの施設を獲得していくゲーム。ひとつの城塞をめぐるライバルとのじりじりするような侵入合戦。将来得点を稼げそうな草原を押さえたり、それを密かに邪魔する心理戦を繰り広げたり。冒険心をくすぐる絵が歴史的城塞都市カルカソンヌへのロマンをかきたてます。ウイスキーのグラスをかたむけながらゆっくり作戦を練りたくなる名作ゲームです。

「よくボードゲームだからコミュニケーションが生まれるなどと言われますが、デジタルなテレビゲームであってもコミュニケーションは生まれます。ネットを介して遊んだり、プレイヤー同士で攻略法のことを話して盛り上がったりするじゃないですか。でもコミュニケーションがゲームの本質だとは思いません。ボードゲームでもテレビゲームでも、ゲームの魅力はプレイヤー自身のクリエイティビティにあります。自分で考え、クリエイティビティを発揮して、局面ごとに自分自身で判断する。それがゲームの本質です。ただ、みんなでやるボードゲームは、参加者が共通の意識のもとで、注意深くルールを守ってクリエイティビティを競うから、結果的に一体感が生まれやすいとはいえます。だれか一人がいい加減にやったら途端に面白くなくなりますからね」(丸田社長)

丸田社長の「クリエイティビティ」という言葉。筆者が思うに、カルカソンヌには、まさにこの言葉がピッタリ当てはまります。

4. イチゴリラ(日本発の傑作メモリーゲーム)

イチゴリラ(日本発の傑作メモリーゲーム)
メーカー:すごろくや(日本) 発売年:2009年
3才~大人 2~6人用 所要10〜20分 ルール難度:1

すごろくやのオリジナル作品。トランプの神経衰弱のような、カードを記憶するゲームです。神経衰弱と違うのは、2枚セットだけでなく、3枚、4枚、5枚のセットを当てなければいけないところ。ヨットと定規、人参と大根など、印象が微妙に似ているカードがあって混乱してしまうところもミソ。終盤に5枚セットを獲得して大逆転のドラマなどもあり、盛り上がること確実です。

「お酒を飲むと思考力は落ちます。でもそれは人によって程度が違うし、もともと強い人が飲んだらみんなにとってちょうど良くなることもあるかも知れません。小さな子から大人まで一緒に楽しめるシンプルなゲームならいいと思いますし、自分の失敗や他の人の失敗をみんなで笑えるような、『バカを許容できる』ゲームは、思考力が落ちた飲み会の場でこそ楽しいと思います」(丸田社長)

本当にこのイチゴリラ、みんなでバカを許容し合う楽しさ満点です。そして確かに、お酒でいい気分になると4歳児にも勝てなくなっちゃいます!
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3