【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

漢ならこれを飲むべし!ハーレーダビッドソンのウイスキーを飲んでみた。

名古屋の酒問屋イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回はアメリカを代表するバイクメーカー、あのハーレーダビッドソンとコラボしたウイスキーをご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:漢ならこれを飲むべし!ハーレーダビッドソンのウイスキーを飲んでみた。

ハーレーダビッドソンとコラボしたテネシーのウイスキー

2018年、新たな1年がスタートを切りましたが、何か目標を立てましたか?私はと言うと、今年こそはたるんだボディーを絞り込み“細マッチョ”になることを目標にがんばりたいと思います。というわけで、今年最初の商品レビューはテネシー州からやってきた、ちょっとマッチョな雰囲気の漂うウイスキーをご紹介します。
ハーレーダビッドソンとコラボしたテネシーのウイスキー
今回ご紹介するのはアメリカ・テネシー州で造られたウイスキー「オーレ・スモーキー ハーレーダビッドソン・ムーンシャイン」です。その名の通り、アメリカを代表するバイクメーカー、ハーレーダビッドソンとのコラボ商品です。昨年末にレビューさせていただいた「オーレ・スモーキー アップルパイ・ムーンシャイン」と同じくオーレ・スモーキー蒸留所で造られるウイスキーです。

「ムーンシャイン」については2017年12月の記事「まるでスイーツ!アップルパイのお酒を飲んでみた。」にて取り上げさせていただきましたが、簡単に説明すると、「ムーンシャイン」とはアメリカ18世紀の禁酒法時代に、月の光を頼りにひっそりと物陰で造る密造酒が語源とされる、樽で長期熟成しないコーン・ウイスキーのことです。

そんな密造酒を髣髴とさせるウイスキーと、あのハーレーダビッドソンとのコラボと聞けば、なんかコワモテな雰囲気がびしびしと伝わってきます。なんかガタイのいいおじさまがワイルドに飲んでそうな。というわけで早速、お楽しみの試飲のお時間です。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら